【AI】ディープラーニング書籍の決定版「Deep Learning」の日本語翻訳版が事前オンライン公開---「少しでも良い翻訳本とするため」、書籍の発売後は公開を終了する予定

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】ディープラーニング書籍の決定版「Deep Learning」の日本語翻訳版が事前オンライン公開---「少しでも良い翻訳本とするため」、書籍の発売後は公開を終了する予定

TOPICS 2017年9月7日 10:03

【AI】ディープラーニング書籍の決定版「Deep Learning」の日本語翻訳版が事前オンライン公開---「少しでも良い翻訳本とするため」、書籍の発売後は公開を終了する予定

書籍「Deep Learning」の日本語翻訳版について、事前のオンライン公開が行われている。

【ポイント】
・書籍「Deep Learning」は、「ディープラーニングに関する書籍の決定版」とも言われている
・「少しでも良い翻訳本とするため」「意見や指摘の反映のため」に公開
・東京大学松尾研究室が中心となって内容の日本語訳が進められている
・後日、書籍として発売される予定
・書籍の発売後は公開を終了する予定

最新TOPICS

【SmartWatch】米国のスマートウォッチ所有率が16%に---販売は大幅に増加、売上51%増(2019年02月14日 12:06)

NPDグループによる「Smartwatch Total Market Report」を紹介。

米国のスマートウォッチ販売は大幅に増加

2018年11月までの12か月間の米国のスマートウォッチ販売は前年同期比で大幅に増加した。「スマートウォッチの売り上げは51%増」で「総売上高は約50億ドル」に達している。

関連用語・タグ

RFM分析()

  • 用語集

「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

ベイズ理論()

  • 用語集

18世紀のイギリスの数学者であるトーマス・ベイズによって示された条件付き確率に関して成り立つ定理に基づく理論。

ウェアラブルデバイス(Wearable Device)

  • 用語集

ウェアラブルデバイスとは、手首/腕/頭など体の一部に装着して使用するコンピュータデバイスの総称を指す。

ビッグデータ(Big Data)

ビッグデータの定義には、量的な側面と質的な側面が存在する。量的な側面としては、一般的なデータベースソフトウェアが把握し、蓄積し、運用し、分析できる能力を超えたサイズのデータを指す。全世界で1年間に発生するデータ量がゼタバイトの域に達している2015年現在は、テラバイトからペタバイトのデータ量に対してビッグデータと呼ぶ。

ボット(bot)

  • 用語集

「ボット(BOT)」とは、人間がコンピュータを操作して行う処理について、人間に代わって特定の命令に従って自動的に実行するアプリケーションプログラムを意味する。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter