【AI】ディープラーニング書籍の決定版「Deep Learning」の日本語翻訳版が事前オンライン公開---「少しでも良い翻訳本とするため」、書籍の発売後は公開を終了する予定

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】ディープラーニング書籍の決定版「Deep Learning」の日本語翻訳版が事前オンライン公開---「少しでも良い翻訳本とするため」、書籍の発売後は公開を終了する予定

TOPICS 2017年9月7日 10:03

【AI】ディープラーニング書籍の決定版「Deep Learning」の日本語翻訳版が事前オンライン公開---「少しでも良い翻訳本とするため」、書籍の発売後は公開を終了する予定

書籍「Deep Learning」の日本語翻訳版について、事前のオンライン公開が行われている。

【ポイント】
・書籍「Deep Learning」は、「ディープラーニングに関する書籍の決定版」とも言われている
・「少しでも良い翻訳本とするため」「意見や指摘の反映のため」に公開
・東京大学松尾研究室が中心となって内容の日本語訳が進められている
・後日、書籍として発売される予定
・書籍の発売後は公開を終了する予定

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

マルチクラウドで高まる、暗号鍵漏洩の危険性

DX時代のデータ活用とは? DataOpsを知り、メタデータ管理をはじめよう!

クラウド翻訳のリスク(学習データに機密情報が使われてしまう)

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter