【AI】ディープラーニング書籍の決定版「Deep Learning」の日本語翻訳版が事前オンライン公開---「少しでも良い翻訳本とするため」、書籍の発売後は公開を終了する予定

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】ディープラーニング書籍の決定版「Deep Learning」の日本語翻訳版が事前オンライン公開---「少しでも良い翻訳本とするため」、書籍の発売後は公開を終了する予定

TOPICS 2017年9月7日 10:03

【AI】ディープラーニング書籍の決定版「Deep Learning」の日本語翻訳版が事前オンライン公開---「少しでも良い翻訳本とするため」、書籍の発売後は公開を終了する予定

書籍「Deep Learning」の日本語翻訳版について、事前のオンライン公開が行われている。

【ポイント】
・書籍「Deep Learning」は、「ディープラーニングに関する書籍の決定版」とも言われている
・「少しでも良い翻訳本とするため」「意見や指摘の反映のため」に公開
・東京大学松尾研究室が中心となって内容の日本語訳が進められている
・後日、書籍として発売される予定
・書籍の発売後は公開を終了する予定

最新TOPICS

【IoT】英国政府、IoTセキュリティガイドラインを発表---ベストプラクティス13項目(2018年10月18日 12:12)

英国政府は消費者のIoTに関するセキュリティガイドラインを発表した。HPとCentrica Hiveは、インターネット接続デバイスのセキュリティを強化するための契約にサインした。

セキュリティガイドライン

このセキュリティガイドラインは、「英国サイバーセキュリティセンター」「その他の政府機関」「産学官」「学界」...

関連用語・タグ

多変量解析入門()

  • 用語集

複数の変数に関するデータをもとに、変数間の相互関連を分析する統計的技法の総称。

インメモリデータベース()

  • 用語集

データをストレージではなく、メインメモリ上に格納するよう設計されたデータベース。また、そのようなデータベースを構築・運用できるデータベース管理システム(DBMS)。「メインメモリデータベース(MMDB)」とも言う。

教育()

  • タグ

データマイニング(Data Mining)

  • 用語集

「データマイニング」とは、企業が収集したビッグデータを解析して、そこに潜む相関関係や価値のあるパターン(仮説)を発掘する技術。

ビッグデータ(Big Data)

ビッグデータの定義には、量的な側面と質的な側面が存在する。量的な側面としては、一般的なデータベースソフトウェアが把握し、蓄積し、運用し、分析できる能力を超えたサイズのデータを指す。全世界で1年間に発生するデータ量がゼタバイトの域に達している2015年現在は、テラバイトからペタバイトのデータ量に対してビッグデータと呼ぶ。

イベント情報

無料資料プレゼント

第2回「多要素認証の種類と方法」

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter