【AI】早稲田大学、全国的な社会人学び直し事業「スマートエスイー」を開始へ---AI/IoT/ビッグデータ技術、イノベーション人材を4年間で3000名育成、2018年度より提供開始

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】早稲田大学、全国的な社会人学び直し事業「スマートエスイー」を開始へ---AI/IoT/ビッグデータ技術、イノベーション人材を4年間で3000名育成、2018年度より提供開始

TOPICS 2017年11月6日 10:03

【AI】早稲田大学、全国的な社会人学び直し事業「スマートエスイー」を開始へ---AI/IoT/ビッグデータ技術、イノベーション人材を4年間で3000名育成、2018年度より提供開始

早稲田大学は、全国的な社会人学び直し事業「スマートエスイー」を開始すると発表した。

【ポイント】
・AI・IoT・ビッグデータの技術を組み合わせたスマートシステム&サービスに基づくイノベーション人材育成
・2018年度より提供
・13大学、21組織との大規模な産学連携ネットワーク
・事業費は4億円
・イノベーションを国際的にリードできる人材を4年間で3000名育成

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

関連用語・タグ

ロジスティック回帰分析(Logistic regression)

  • 用語集

「ロジスティック回帰分析」とは多変量解析の一種。線形回帰分析が量的変数を予測するのに対して、ロジスティック回帰分析は質的確率を予測する。「キャンペーン反応率」「特定商品の普及率」などマーケティングの現場で活用されるほか、「土砂災害発生危険基準線の確率」を求めたり、理学療法現場でも活用される。

iPaaS(アイパース)

「iPaaS(integration Platform as a Service)」とは「サービスとしての統合プラットフォーム」を意味し、ソリューションとして提供される。さまざまなハードウェアやミドルウェアについての煩雑な管理を大幅に軽減でき、クラウドとオンプレミスのサービスを簡単に統合して展開することが可能となる。

R(アール)

  • 用語集

「R」を用いることで、クロス集計や回帰分析、クラスター分析、シミュレーションなどの基本的な統計分析が可能となる。またオープンソースとしてだけでなく、パッケージを導入することで最新の分析手法を実行することもできる。

データマイニング(Data Mining)

  • 用語集

データマイニング(Data Mining)とは、収集した大量のデータセット(ビッグデータ)に対して、各種データ解析技法(統計学/パターン認識技術/AI技術など)を駆使することにより、そこに潜む「相関関係」「規則性」「傾向」などの「価値のある有用な知見」を見つけ出すための手法を意味する。

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集

「主成分分析」とは、ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。ビッグデータ分析の現場などにおいて、多変量の情報をできるだけ損なわずに低次元空間に縮約する。多変量データを二次元や三次元データに縮約することで、データ全体の視覚化が可能となり、データのもつ情報を解釈しやすくなる。

セミナー講演資料

  • KSKサイド001

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter