【AI】早稲田大学、全国的な社会人学び直し事業「スマートエスイー」を開始へ---AI/IoT/ビッグデータ技術、イノベーション人材を4年間で3000名育成、2018年度より提供開始

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】早稲田大学、全国的な社会人学び直し事業「スマートエスイー」を開始へ---AI/IoT/ビッグデータ技術、イノベーション人材を4年間で3000名育成、2018年度より提供開始

TOPICS 2017年11月6日 10:03

【AI】早稲田大学、全国的な社会人学び直し事業「スマートエスイー」を開始へ---AI/IoT/ビッグデータ技術、イノベーション人材を4年間で3000名育成、2018年度より提供開始

早稲田大学は、全国的な社会人学び直し事業「スマートエスイー」を開始すると発表した。

【ポイント】
・AI・IoT・ビッグデータの技術を組み合わせたスマートシステム&サービスに基づくイノベーション人材育成
・2018年度より提供
・13大学、21組織との大規模な産学連携ネットワーク
・事業費は4億円
・イノベーションを国際的にリードできる人材を4年間で3000名育成

最新TOPICS

【AI】機械学習の偏りを避ける3つの方法(2018年11月08日 11:31)

ビルダーやビジネスリーダーにとって、AIシステムの倫理的行動について監視するプロセスを確立することは重要とされる。

AIを構築する際のバイアスを管理する3つの鍵について解説。

①問題に対する正しい学習モデルを選択

「教師付き学習モデル」と「教師なし学習モデル」には、それぞれ長所と短所がある。

関連用語・タグ

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集

ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。

農業()

  • タグ

Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)

  • 用語集

「Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)」とは、 ビッグデータを複数のマシンに分散して処理できる、オープンソースのプラットフォームである。

MapReduce(マップリデュース)

  • 用語集

「MapReduce(マップリデュース)」とは、大規模なデータを分散処理するためのプログラミングモデル。 分割されたデータの断片に加工を施し必要な情報を抽出するMap処理と、Mapで抽出した情報を束ねて処理結果を得るReduce処理の2段階に分けてデータ処理を行う。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter