【AI】富士通、システム開発プロセスをAIで改革---可読性が悪い(できの悪い)ソースコードをAIで発見、品質の向上に充てる時間を捻出

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】富士通、システム開発プロセスをAIで改革---可読性が悪い(できの悪い)ソースコードをAIで発見、品質の向上に充てる時間を捻出

TOPICS 2017年11月30日 10:03

【AI】富士通、システム開発プロセスをAIで改革---可読性が悪い(できの悪い)ソースコードをAIで発見、品質の向上に充てる時間を捻出

富士通は、人工知能(AI)などを活用するシステム開発プロセス改革を始めた。

【ポイント】
・システム構築・運用支援のツール群を体系化
・2017年11月に50件の開発プロジェクトに本格適用を開始
・開発業務をAIで効率化
・可読性が悪いソースコードをAIが診断
・システムエンジニアが品質の向上に充てる時間を捻出する狙い

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

巣ごもり消費で不正も急増。EC事業者が知っておきたい手口と対策

IoT業界の著名ゲストが、製造業×IoTの不可欠な課題について議論

ようやく仮想通貨以外でも普及してきた、ブロックチェーンの国内事例解説 ~Amazonベストセラー1位『WHY BLOCKCHAIN』の著者、坪井大輔氏が登壇~

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter