【AI】富士通、システム開発プロセスをAIで改革---可読性が悪い(できの悪い)ソースコードをAIで発見、品質の向上に充てる時間を捻出

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】富士通、システム開発プロセスをAIで改革---可読性が悪い(できの悪い)ソースコードをAIで発見、品質の向上に充てる時間を捻出

TOPICS 2017年11月30日 10:03

【AI】富士通、システム開発プロセスをAIで改革---可読性が悪い(できの悪い)ソースコードをAIで発見、品質の向上に充てる時間を捻出

富士通は、人工知能(AI)などを活用するシステム開発プロセス改革を始めた。

【ポイント】
・システム構築・運用支援のツール群を体系化
・2017年11月に50件の開発プロジェクトに本格適用を開始
・開発業務をAIで効率化
・可読性が悪いソースコードをAIが診断
・システムエンジニアが品質の向上に充てる時間を捻出する狙い

最新TOPICS

【AI】「AIビジネス推進コンソーシアム」設立---グリッド/伊藤忠/TIS/富士通など11社、AIに取り組む企業間で「ノウハウや知見の共有」を目指す(2017年12月15日 10:03)

グリッド、伊藤忠テクノソリューションズ、TIS、富士通など11社は、12月13日、 「AIビジネス推進コンソーシアム」を設立したと発表した。 【「AIビジネス推進コンソーシアム」の目標】 ・AIに取り組む企業間で「ノウハウや知見の共有」を目指す ・参加企業間で、ソースコード/技術/ノウハウ/ケーススタディ/ユースケースなどを共有 ・「産業分野のAIの個別性の高さ」の解消を目指す ・...

関連用語・タグ

サイバーフィジカルシステム(Cyber-Physical System)

  • 用語集

これまで「経験と勘」に頼っていた事象を効率化し、より高度な社会を実現するためのサービスおよびシステム。

因子分析(Factor Analysis)

  • 用語集

多変量解析の手法のひとつであり、多変量データに潜む共通因子を探り出す。

クラスター分析(Cluster analysis)

  • 用語集

異なる性質のものが混ざりあっている集合体から互いに似たものを集めてグループ(Cluster)を作り、対象を分析する手法。

多変量解析入門()

  • 用語集

複数の変数に関するデータをもとに、変数間の相互関連を分析する統計的技法の総称。

イベント情報

無料資料プレゼント

Amazon Redshiftは企業に利益をもたらしているのか?8社を対象にしたIDCの調査レポート

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter