【AI】パナソニック、「教師無し機械学習技術」を開発---学習データ量に応じて自動的に最適なモデルに変化

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】パナソニック、「教師無し機械学習技術」を開発---学習データ量に応じて自動的に最適なモデルに変化

TOPICS 2017年12月1日 10:03

【AI】パナソニック、「教師無し機械学習技術」を開発---学習データ量に応じて自動的に最適なモデルに変化

パナソニック株式会社は、11月27日、
「教師無し機械学習技術」を開発したと発表した。

【ポイント】
・学習データ量に応じて自動的に最適なモデルに変化
・専門家の介在が必要であったチューニング(モデル調整)プロセスを大幅に削減
・大量の学習データ収集が困難な環境への適用が可能なAI技術の実現へ

最新TOPICS

【AI】「AIビジネス推進コンソーシアム」設立---グリッド/伊藤忠/TIS/富士通など11社、AIに取り組む企業間で「ノウハウや知見の共有」を目指す(2017年12月15日 10:03)

グリッド、伊藤忠テクノソリューションズ、TIS、富士通など11社は、12月13日、 「AIビジネス推進コンソーシアム」を設立したと発表した。 【「AIビジネス推進コンソーシアム」の目標】 ・AIに取り組む企業間で「ノウハウや知見の共有」を目指す ・参加企業間で、ソースコード/技術/ノウハウ/ケーススタディ/ユースケースなどを共有 ・「産業分野のAIの個別性の高さ」の解消を目指す ・...

関連用語・タグ

データウェアハウス(Data Warehouse)

  • 用語集

「データウェアハウス(data warehouse)」とは、企業の意志決定のため、目的別に編成、統合され、なおかつ時系列で削除や更新をしないデータの集合体を指す。具体的には、複数の基幹システムからトランザクションを抽出して、再構成・再蓄積したデータの集合体を意味する。

ビッグデータ(Big Data)

ビッグデータの定義には、量的な側面と質的な側面が存在する。量的な側面としては、一般的なデータベースソフトウェアが把握し、蓄積し、運用し、分析できる能力を超えたサイズのデータを指す。全世界で1年間に発生するデータ量がゼタバイトの域に達している2015年現在は、テラバイトからペタバイトのデータ量に対してビッグデータと呼ぶ。

コンジョイント分析(Conjoint Analysis)

  • 用語集

商品やサービスを構成する要素の最適な組み合わせを探るために多変量解析を用いた分析方法。

RFM分析()

  • 用語集

「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

イベント情報

無料資料プレゼント

Amazon Redshiftは企業に利益をもたらしているのか?8社を対象にしたIDCの調査レポート

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter