【ビッグデータ】製造業のビッグデータ活用法---具体的な取り組み方、得られる効果、次世代UI技術(AR/MR)を用いたさらなる業務高度化

Analytics News(アナリティクスニュース)

【ビッグデータ】製造業のビッグデータ活用法---具体的な取り組み方、得られる効果、次世代UI技術(AR/MR)を用いたさらなる業務高度化

TOPICS 2018年1月4日 10:03

【ビッグデータ】製造業のビッグデータ活用法---具体的な取り組み方、得られる効果、次世代UI技術(AR/MR)を用いたさらなる業務高度化

製造業におけるデータ活用において、暗黙知・経験値を形式知化(AI活用)していくにあたっての「具体的な取り組み方」「得られる効果」「次世代UI技術(AR/MR)を用いたさらなる業務高度化」について解説。

【解説テーマ】
・形式知化の取り組み方
・自然言語処理技術の活用
・AIを業務の中で活用するにあたって
・さらに先に進むために~MR技術の活用~
・暗黙知のビッグデータ活用が本格化する

最新TOPICS

【AI】世界最大級AIビジネスイベント「AI World Conference and Expo 2017」レポート---ビジネスのコアとしてのAI、食われる前に自ら食え(2018年01月19日 10:03)

12月に米国・ボストンにて開催された、世界最大級の人工知能関連ビジネスイベント「AI World Conference and Expo 2017」についてレポート。 【解説テーマ】 ・「ピークを越えた」人工知能をテーマとしたビジネスイベント ・経営者向けのメッセージ:AI中心のビジネスを再構築せよ ・現場向けのメッセージ:AIは未だ黎明期だが導入は急ぐべし ・AI中心の発想転換の象...

関連用語・タグ

電力()

  • タグ

データウェアハウス(Data Warehouse)

  • 用語集

「データウェアハウス(data warehouse)」とは、企業の意志決定のため、目的別に編成、統合され、なおかつ時系列で削除や更新をしないデータの集合体を指す。具体的には、複数の基幹システムからトランザクションを抽出して、再構成・再蓄積したデータの集合体を意味する。

コンジョイント分析(Conjoint Analysis)

  • 用語集

商品やサービスを構成する要素の最適な組み合わせを探るために多変量解析を用いた分析方法。

ウェアラブル(Wearable)

  • 用語集

「ウェアラブル」とは、直訳すると「身につけられる」といった意味であり、IT業界では主に「ウェアラブル コンピュータ」、または「ウェアラブルデバイス(Wearable Device:身につけられる装置)」の略称として使われる。

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter