【AI】2030年に向けたAI活用法---ガートナーの予想と見解、国境概念の希薄化、生き残る企業の3つのAIリテラシー、「最先端」がベストではない

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】2030年に向けたAI活用法---ガートナーの予想と見解、国境概念の希薄化、生き残る企業の3つのAIリテラシー、「最先端」がベストではない

TOPICS 2018年1月5日 10:03

【AI】2030年に向けたAI活用法---ガートナーの予想と見解、国境概念の希薄化、生き残る企業の3つのAIリテラシー、「最先端」がベストではない

ガートナーは「AIと近未来」についてどう見ているのかについて、ガートナージャパンの中村氏が解説。

【解説テーマ】
・2030年、国境という概念は希薄化しているだろう
・生き残る企業は3つのAIリテラシーを持っている
・AIソリューション導入の決め手は「最先端」ではない
・最も重要なスピード、アマゾンやグーグルはどう確保しているのか

最新TOPICS

【AI】世界最大級AIビジネスイベント「AI World Conference and Expo 2017」レポート---ビジネスのコアとしてのAI、食われる前に自ら食え(2018年01月19日 10:03)

12月に米国・ボストンにて開催された、世界最大級の人工知能関連ビジネスイベント「AI World Conference and Expo 2017」についてレポート。 【解説テーマ】 ・「ピークを越えた」人工知能をテーマとしたビジネスイベント ・経営者向けのメッセージ:AI中心のビジネスを再構築せよ ・現場向けのメッセージ:AIは未だ黎明期だが導入は急ぐべし ・AI中心の発想転換の象...

関連用語・タグ

Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)

  • 用語集

「Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)」とは、 ビッグデータを複数のマシンに分散して処理できる、オープンソースのプラットフォームである。

R(アール)

  • 用語集

「R」を用いることで、クロス集計や回帰分析、クラスター分析、シミュレーションなどの基本的な統計分析が可能となる。またオープンソースとしてだけでなく、パッケージを導入することで最新の分析手法を実行することもできる。

RFM分析()

  • 用語集

「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

ドローン(Drone)

  • 用語集

無人で遠隔操作や自動制御によって飛行できる航空機の総称。

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter