【AI/IoT】2018年のトレンド解説---「IoT」「機械学習」「人工知能(AI)」「マルチクラウド化」、AIに対する過剰な評価への反動

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI/IoT】2018年のトレンド解説---「IoT」「機械学習」「人工知能(AI)」「マルチクラウド化」、AIに対する過剰な評価への反動

TOPICS 2018年1月10日 10:03

【AI/IoT】2018年のトレンド解説---「IoT」「機械学習」「人工知能(AI)」「マルチクラウド化」、AIに対する過剰な評価への反動

2018年のトレンドとして、「IoT」「機械学習」「人工知能(AI)」「マルチクラウド化」などについて解説。

【解説テーマ】
・2018年の大テーマ
・Oracleの予想
・公共部門におけるAIソリューション
・賛否両論
・AIに対する過剰な評価への反動
・本番を迎えるAI、機械学習
・モノのインターネット(IoT)
・マルチクラウドの利用
・データの保護とガバナンス
・感情のジェットコースター

最新TOPICS

【AI】NTTドコモ、対話型AIサービスプラットフォーム開発環境を無料公開---「教育研究機関」や「非商用利用での導入を検討している企業」向け(2018年07月20日 10:03)

NTTドコモは、7月18日、 同社の対話型AIサービスプラットフォーム「自然対話プラットフォーム」の記述言語仕様と開発環境を無料で公開した。 【ポイント】 ・「教育研究機関」や「非商用利用での導入を検討している企業」向け ・言語解析技術に基づいた自然な対話を実現 ・高度なプログラミングなどの知識がなくても会話を楽しむロボットやアプリケーションが作れるようになる

関連用語・タグ

教育()

  • タグ

Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)

  • 用語集

「Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)」とは、 ビッグデータを複数のマシンに分散して処理できる、オープンソースのプラットフォームである。

データウェアハウス(Data Warehouse)

  • 用語集

「データウェアハウス(data warehouse)」とは、企業の意志決定のため、目的別に編成、統合され、なおかつ時系列で削除や更新をしないデータの集合体を指す。具体的には、複数の基幹システムからトランザクションを抽出して、再構成・再蓄積したデータの集合体を意味する。

ビッグデータ(Big Data)

ビッグデータの定義には、量的な側面と質的な側面が存在する。量的な側面としては、一般的なデータベースソフトウェアが把握し、蓄積し、運用し、分析できる能力を超えたサイズのデータを指す。全世界で1年間に発生するデータ量がゼタバイトの域に達している2015年現在は、テラバイトからペタバイトのデータ量に対してビッグデータと呼ぶ。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter