【AI】ディープラーニングでビジネスチャンスをつかむために必要なこと---日本ディープラーニング協会理事長の提言、「やったもの勝ち」「必要なのは行動するための知識」

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】ディープラーニングでビジネスチャンスをつかむために必要なこと---日本ディープラーニング協会理事長の提言、「やったもの勝ち」「必要なのは行動するための知識」

TOPICS 2018年6月5日 10:03

【AI】ディープラーニングでビジネスチャンスをつかむために必要なこと---日本ディープラーニング協会理事長の提言、「やったもの勝ち」「必要なのは行動するための知識」

「ディープラーニングでビジネスチャンスをつかむために必要なことは何か?」について、日本ディープラーニング協会理事長である東京大学の松尾豊特任准教授は、「やったもの勝ちだ」「必要なのは行動するための知識」であると提言する。

【解説テーマ】
・薄く広くでは負けてしまう
・やったもの勝ち!高校生もできる

最新TOPICS

【AI】機械学習の偏りを避ける3つの方法(2018年11月08日 11:31)

ビルダーやビジネスリーダーにとって、AIシステムの倫理的行動について監視するプロセスを確立することは重要とされる。

AIを構築する際のバイアスを管理する3つの鍵について解説。

①問題に対する正しい学習モデルを選択

「教師付き学習モデル」と「教師なし学習モデル」には、それぞれ長所と短所がある。

関連用語・タグ

決定木分析()

  • 用語集

樹木状のモデルを使って要因を分析しその分析結果から境界線を探して予測を行う、データマイニングの手法のひとつ。

非構造化データ()

  • 用語集

「非構造化データ」とは、企業の基幹システムに保管されている構造化データに対し、日常業務で増える電子文書や紙文書、写真、動画、音声、Webコンテンツなど構造化されていないデータを指す。

農業()

  • タグ

クロス集計()

  • 用語集

2~3種類の情報に限定してデータの分析や集計を行なう手法。縦軸と横軸に項目を割り振り、特定の項目の相互関係を明らかにすることができる。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter