【AI】技術志向「Google」vs 戦略志向「Amazon」、対話型AIの研究開発戦略

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】技術志向「Google」vs 戦略志向「Amazon」、対話型AIの研究開発戦略

TOPICS 2018年7月6日 10:03

【AI】技術志向「Google」vs 戦略志向「Amazon」、対話型AIの研究開発戦略

GoogleとAmazonは、最先端技術で対話型AIの革新的な研究を推し進めている。
両社の対話型AIの研究開発戦略について解説。

【解説テーマ】
・Google I/Oの対話型AIデモの衝撃
・Googleに対抗するAmazonの研究開発戦略
・Amazonのオープン戦略の狙い
・技術志向のGoogle VS 戦略志向のAmazon、そして追随するLINE?

最新TOPICS

【AI】エンタープライズ向けAI情報共有プラットフォーム「Guru」---問い合わせをすることなく関連情報を自動的に提示(2018年12月13日 11:11)

エンタープライズ向けAI情報共有プラットフォーム「Guru」は、2500万ドルを調達したことを発表した。

「Guru」とは

Guruとは、AIを利用して「集団知識の統一」「集団知識の正確性検証」「マーケティングサポート」「セールスサポート」などを行う情報共有プラットフォーム。

使い込むほどより精...

関連用語・タグ

家電()

  • タグ

サポートベクターマシン(Support Vector Machine)

  • 用語集

「サポートベクターマシン(SVM:Support Vector Machine)」は、 画像・音声などの情報データから、意味を持つ対象を選別して取り出すパターン認識手法のひとつ。

ボット(bot)

  • 用語集

「ボット(BOT)」とは、人間がコンピュータを操作して行う処理について、人間に代わって特定の命令に従って自動的に実行するアプリケーションプログラムを意味する。

決定木分析()

  • 用語集

樹木状のモデルを使って要因を分析しその分析結果から境界線を探して予測を行う、データマイニングの手法のひとつ。

ETL(イーティーエル)

  • 用語集

ETLとは「Extract」「Transform」「Load」の略で、さまざまな場所(販売管理システム/顧客管理システムなど)に別々に存在している雑種多様なデータを抽出し、利用しやすいようにデータを再編集した後に、データウェアハウス(DWH)のような情報倉庫に出力する処理を指す。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter