【AI】IBM、ヨーロッパにおけるWatsonの勢いとクラウドの成功を紹介---EU諸国の多くの顧客がIBMのWatsonを採用

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】IBM、ヨーロッパにおけるWatsonの勢いとクラウドの成功を紹介---EU諸国の多くの顧客がIBMのWatsonを採用

TOPICS 2018年8月8日 10:03

【AI】IBM、ヨーロッパにおけるWatsonの勢いとクラウドの成功を紹介---EU諸国の多くの顧客がIBMのWatsonを採用

EU諸国において、IBMのWatsonとクラウドサービスが成功している状況について紹介。

EU諸国の多くの顧客がIBMのWatsonを採用

最近のリリースによると、IBMはヨーロッパで確かな進歩を遂げている。

スペインの電力網事業者「RedEléctricadeEspaña」、イタリアの高齢者ケア提供サービス「Cooperativa Sole」、オランダの電気通信事業者「Tele2」、イスラエルのスマートエアコン製造業「Electra Group」など、新たなヨーロッパの顧客の多くがWatsonを採用している。

IBMはIoTとWatson AIで世界をリードへ

IBM WatsonのIoTオファリングのグローバルバイスプレジデントであるBret Greenstein氏は、『IBMは2015年に、AI市場に対して世界中で30億ドルの投資を発表した。IBMはIoTとWatson AIを組み合わせることにより、クライアントによる「新しいビジネスモデル探求」「優れたサービス創造」「業界変革」「非効率性排除」などを支援することで、IoTの世界的な動きをリードしていく』と述べている。

欧州市場におけるさまざまな業界に展開

IBMは、欧州市場において、「医療」「ロジスティクス」「エネルギー」などの業界で新しいクラウド顧客を確保しシェアを拡大している

例1)フランスの銀行「Credit Mutuel」では、Watsonの仮想アシスタントをすべてのビジネスラインに配備している。

例2)オランダに拠点を置く「Koopman Logistics」は、IBMのブロックチェーンを通じてサプライチェーン全体の委託を追跡することを目指している。

その他、イタリアのメディア会社「Gruppo 24 Ore」、ドイツのRSコンポーネンツ「Teckel Medical」、ドイツの照明ソリューション企業「Osram AG」などもリストに入っている。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2018/jul/23/ibm-showcases-watson-momentum-europe-well-cloud-success/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【IoT】北米IoTセキュリティ市場は年間25%以上成長する見込み(2019年01月18日 11:55)

レポート「Internet of Things (IoT) Security: North American Markets to 2023」によると、北米のIoTセキュリティ市場では年間25%以上の成長率が見込まれている。

北米IoTセキュリティ市場規模と成長率

レポートによると、北米のIoTセキュリティ市場...

関連用語・タグ

ウェアラブルデバイス(Wearable Device)

  • 用語集

ウェアラブルデバイスとは、手首/腕/頭など体の一部に装着して使用するコンピュータデバイスの総称を指す。

IoT(モノのインターネット:Internet of Things)

「IoT」とは、従来はコンピュータやサーバなどの情報・通信機器だけに接続されていたインターネットを、世の中に存在する様々な物体(モノ)に接続して自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う技術。

コレスポンデンス分析()

  • 用語集

「コレスポンデンス分析」(Correspondence Analysis)とは、類似した項目を明らかにするため、各項目を数値化する分析手法である。

データウェアハウス(Data Warehouse)

  • 用語集

「データウェアハウス(DWH:Data WareHouse)」とは、ビジネスインテリジェンスに活用するための「データ倉庫」を意味し、目的別かつ時系列に編成/統合され、削除や更新されないデータ集合体(データベースシステム)を指す。

インメモリデータベース()

  • 用語集

データをストレージではなく、メインメモリ上に格納するよう設計されたデータベース。また、そのようなデータベースを構築・運用できるデータベース管理システム(DBMS)。「メインメモリデータベース(MMDB)」とも言う。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter