【IoT】IDC、IoT市場成長予測レポートを発表---2022年に1兆2000億ドルに達する見込み、車載IoTとスマートメーターが牽引

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】IDC、IoT市場成長予測レポートを発表---2022年に1兆2000億ドルに達する見込み、車載IoTとスマートメーターが牽引

TOPICS 2018年8月9日 10:03

【IoT】IDC、IoT市場成長予測レポートを発表---2022年に1兆2000億ドルに達する見込み、車載IoTとスマートメーターが牽引

IDCは「グローバルIoT支出は、2022年に1兆2000億ドルに達する見込み」であるという最新レポートを発表した。この調査結果は「Worldwide Semiannual Internet of Things Spending Guide」に掲載された。

[IDC]IoTがさまざまなビジネス投資の機会を提供

IDCは、IoT市場がさまざまな領域まで広がると「分析ソフトウェア」「クラウドテクノロジー」「ビジネス/ ITサービスの革新的な製品」が急速に拡大するとして、IoTテクノロジー市場がさまざまな業界でビジネス投資の機会を提供すると主張している。

また、「複数のテクノロジー分野の共通部分」がサプライサイド製品と市場開発戦略を正しく理解して開発するための鍵であると付け加えている。

[IDC]消費者セクターがIoT支出の伸びをリード

また、消費者セクターが、世界の年平均成長率(CAGR:Compound Average Growth Rate)19%を達成するためのIoT支出の伸びをリードし、保険およびヘルスケアプロバイダー産業が密接に続くことが示されている。

[IDC]車載IoTがIoT成長をリード

エンタープライズユースケースの観点から見ると、「車車間(V2V)ソリューション」と「車載インフラストラクチャ(V2I)ソリューション」は、予測期間中で最も高い支出成長率(年平均成長率29%)となると予測している。

[ABIリサーチ]LPWAネットワーク関連は年平均成長率53%の予測

ABIリサーチは、2023年までにグローバルで、「LPWAネットワーク接続が年平均成長率53%に達する」と主張した。LPWAネットワークの主要通信規格としては「NB-IoT」「CAT-M」「Sigfox」「LoRa」などがある。

[ABIリサーチ]スマートメーター関連が主要IoTアプリケーションへ

LPWAネットワークの成長は、エネルギー関連や水道事業者によって使用されている「スマートメーター」などの成長に支えられるとしている。

2023年の時点では、スマートメーターは世界で2番目に大きいIoTアプリケーションであり、世界のLPWAデバイス接続の3分の1以上を占めるという予測を出している。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2018/jun/19/iot-worldwide-spending-hit-12-trillion-2022-says-idc/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【AI】アメリカ・サンノゼ国際空港での顔認識システム導入事例---国際線旅客処理時間を約16%削減(2018年08月10日 10:03)

アメリカのサンノゼ国際空港では、顔認識システムを導入し旅行者の処理時間を削減したと発表した。

顔認識システムの導入経緯

サンノゼ空港を利用する国際線乗客数は、「2015年では199,900人」であったものの「2017年では438,800人」と急増しており、旅行者の処理時間削減が大きな課題となっていた。

...

関連用語・タグ

農業()

  • タグ

シンギュラリティ(Technological Singularity)

  • 用語集

シンギュラリティ(Technological Singularity:技術的特異点)とは、未来研究において、過去の歴史から今後の人類の技術開発の推測して得られる未来の正確かつ信頼できる限界点を指す。

サポートベクターマシン(Support Vector Machine)

  • 用語集

「サポートベクターマシン(SVM:Support Vector Machine)」は、 画像・音声などの情報データから、意味を持つ対象を選別して取り出すパターン認識手法のひとつ。

通信()

  • タグ

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter