【IoT】CTIA、セルラー接続IoTデバイス用「CTIAサイバーセキュリティ証明プログラム」を発表

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】CTIA、セルラー接続IoTデバイス用「CTIAサイバーセキュリティ証明プログラム」を発表

TOPICS 2018年8月29日 10:03

【IoT】CTIA、セルラー接続IoTデバイス用「CTIAサイバーセキュリティ証明プログラム」を発表

米国における無線通信業界を代表する業界団体「CTIA」が、セルラー接続IoTデバイス用「CTIAサイバーセキュリティ証明プログラム」を発表した。

「CTIAサイバーセキュリティ認証プログラム」とは

CTIAサイバーセキュリティ認証プログラムは、「NTIA(国家電気通信情報管理局)」および「NIST(国立標準技術研究所)」のIoTセキュリティ勧告に基づいて構築され、「スマートシティ」「接続車両」「mHealth(モバイルヘルス)」などのための安全な基盤を構築する。

全米の主要な「ワイヤレス通信事業者」「ハイテク企業」「セキュリティ専門家」「テストラボ」などと提携して開発された最初のプログラムであると言われている。

「Ericsson North America」「Nokia」など、さまざまな業界のプレーヤーがCTIAプログラムを支持している。

通信インフラストラクチャの安全な設計アプローチ

スケーラブルで標準に準拠したCTIAプログラムは、通信インフラストラクチャの開発/展開/管理に対する安全な設計アプローチを補完する。

CTIA認証プログラムは、IoTデバイスとネットワークの信頼性が確立されていることを保証するために、この分野における業界の取り組みに基づいて構築される。これは、ユーザーからの信頼性を高め、大規模なIoT成長を可能とするために非常に重要となる。

急増するLPWAネットワーク接続

ABI Researchの6月の報告によると「2023年までに携帯電話と非携帯のLPWAネットワーク接続がCAGR(年平均成長率)53%で世界的に成長する」と予測されている。

主要成長要素とされるスマートメーターなどにおいて「NB-IoT」「CAT-M」「Sigfox」「LoRa」などの各種LPWA通信キャリアの間での継続的なシェア競争が行われることが予想される。

別のアナリストレポートによると、各キャリアはIoT内での地位を確立するための新しい戦略を採用して競争力を維持するためには、オープンスタンダードベースの「プラットフォーム」「ソリューション」「アプローチ」の導入が必要となるとしている。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2018/aug/24/ctia-announces-cybersecurity-certification-program-cellular-connected-iot-devices/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

世界最高峰のリアルハッカー集団を活用した脆弱性対策 ~米国政府も採用、脆弱性診断・ペネトレーションテストを大胆に変革する方法~

正社員・非正規社員の離職率を下げるためには? ~主観的な定性評価から、定量的なジョブ型評価への転換の重要性~

【Microsoft365ユーザー向け】クラウドメールサービスの保護に向いていない、ゲートウェイ方式メールセキュリティの課題 ~API連携・AI技術により、セキュリティ強化と運用効率化を実現~

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter