【SmartSpeaker】Amazon「Alexa」は現在2万台のデバイスで動作

Analytics News(アナリティクスニュース)

【SmartSpeaker】Amazon「Alexa」は現在2万台のデバイスで動作

TOPICS 2018年9月3日 14:17

【SmartSpeaker】Amazon「Alexa」は現在2万台のデバイスで動作

ベルリンで行われた、コンシューマエレクトロニクス&ホームアプライアンス業界の世界屈指のグローバルイベント「IFA」におけるAmazonのプレスイベントにて、Alexaは現在2万台のデバイスで動作していることが発表された。

2万台以上のAlexaデバイス

Alexaは2万台以上のデバイスで動作している。

CNETが報じたように、ダニエル・ラウシュ最高経営責任者(CEO)は「ちょうど今年、Alexaは何百万回もHappy Birthdayを顧客に歌いました。そして、彼女は1億以上のジョークを語りました」と述べた。

Amazonはサードパーティーデバイスを積極的に展開

Amazonのデバイスは全体の数からすると、まだ一部にすぎない。同社はできるだけ多くのサードパーティ製デバイスを扱うために積極的に取り組んでいる。

多くの場合、ハードウェアのスタートアップに投資するように設計された「パートナーシップ」と「Alexa Fund」の一部として、製造元と密接に協力している。

最近では、「携帯電話」「サーモスタット」「テレビ」「車」に至るまで、Alexaアクセスのカテゴリは大きく広がっている。IFAでは、HuaweiとNetgearの両社が家庭用ルータにアシスタントを持ち込んだ。

Googleも積極的に攻勢

また、Googleは、サードパーティとの独自のサービスを統合するために、メーカーと熱心に取り組んできている。

5月には、約5000台のデバイスがアシスタントをサポートすると発表している。

(※解説)「スマートスピーカーとは」

スマートスピーカー(Smart Speaker)とは、対話型の音声操作に対応したAIアシスタント機能を持つワイヤレススピーカーを指す。

https://analytics-news.jp/info/SmartSpeaker

以上、下記URLからの要約
https://techcrunch.com/2018/09/01/alexa-is-now-available-on-20000-devices/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【SmartWatch】米国のスマートウォッチ所有率が16%に---販売は大幅に増加、売上51%増(2019年02月14日 12:06)

NPDグループによる「Smartwatch Total Market Report」を紹介。

米国のスマートウォッチ販売は大幅に増加

2018年11月までの12か月間の米国のスマートウォッチ販売は前年同期比で大幅に増加した。「スマートウォッチの売り上げは51%増」で「総売上高は約50億ドル」に達している。

関連用語・タグ

分散分析(Analysis of Variance: ANOVA)

  • 用語集

観測データにおける変動を誤差変動と各要因およびそれらの交互作用による変動に分解することによって、要因および交互作用の効果を判定する、統計的仮説検定の手法のひとつ。

サポートベクターマシン(Support Vector Machine)

  • 用語集

「サポートベクターマシン(SVM:Support Vector Machine)」は、 画像・音声などの情報データから、意味を持つ対象を選別して取り出すパターン認識手法のひとつ。

ウェアラブルデバイス(Wearable Device)

  • 用語集

ウェアラブルデバイスとは、手首/腕/頭など体の一部に装着して使用するコンピュータデバイスの総称を指す。

ビッグデータ(Big Data)

ビッグデータの定義には、量的な側面と質的な側面が存在する。量的な側面としては、一般的なデータベースソフトウェアが把握し、蓄積し、運用し、分析できる能力を超えたサイズのデータを指す。全世界で1年間に発生するデータ量がゼタバイトの域に達している2015年現在は、テラバイトからペタバイトのデータ量に対してビッグデータと呼ぶ。

重回帰分析()

  • 用語集

多変量解析のひとつであり、あるデータをほかの複数のデータによって予測する分析手法である。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter