【SmartSpeaker】Amazon「Alexa」は現在2万台のデバイスで動作

Analytics News(アナリティクスニュース)

【SmartSpeaker】Amazon「Alexa」は現在2万台のデバイスで動作

TOPICS 2018年9月3日 14:17

【SmartSpeaker】Amazon「Alexa」は現在2万台のデバイスで動作

ベルリンで行われた、コンシューマエレクトロニクス&ホームアプライアンス業界の世界屈指のグローバルイベント「IFA」におけるAmazonのプレスイベントにて、Alexaは現在2万台のデバイスで動作していることが発表された。

2万台以上のAlexaデバイス

Alexaは2万台以上のデバイスで動作している。

CNETが報じたように、ダニエル・ラウシュ最高経営責任者(CEO)は「ちょうど今年、Alexaは何百万回もHappy Birthdayを顧客に歌いました。そして、彼女は1億以上のジョークを語りました」と述べた。

Amazonはサードパーティーデバイスを積極的に展開

Amazonのデバイスは全体の数からすると、まだ一部にすぎない。同社はできるだけ多くのサードパーティ製デバイスを扱うために積極的に取り組んでいる。

多くの場合、ハードウェアのスタートアップに投資するように設計された「パートナーシップ」と「Alexa Fund」の一部として、製造元と密接に協力している。

最近では、「携帯電話」「サーモスタット」「テレビ」「車」に至るまで、Alexaアクセスのカテゴリは大きく広がっている。IFAでは、HuaweiとNetgearの両社が家庭用ルータにアシスタントを持ち込んだ。

Googleも積極的に攻勢

また、Googleは、サードパーティとの独自のサービスを統合するために、メーカーと熱心に取り組んできている。

5月には、約5000台のデバイスがアシスタントをサポートすると発表している。

(※解説)「スマートスピーカーとは」

スマートスピーカー(Smart Speaker)とは、対話型の音声操作に対応したAIアシスタント機能を持つワイヤレススピーカーを指す。

https://analytics-news.jp/info/SmartSpeaker

以上、下記URLからの要約
https://techcrunch.com/2018/09/01/alexa-is-now-available-on-20000-devices/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【AI】Adobe、AI搭載仮想アシスタント「Adobe Analytics」を発表---考慮しなかった可能性のある新しいデータも提供(2018年09月25日 14:41)

Adobeは、AIを搭載した仮想アシスタント「Adobe Analytics」を発表した。

AI仮想アシスタント「Adobe Analytics」とは

Adobe Analyticsは、インテリジェントアラートと呼ばれる機能を搭載するAI仮想アシスタントで、AdobeのAIプラットフォーム「Adobe Sens...

関連用語・タグ

R(アール)

  • 用語集

「R」を用いることで、クロス集計や回帰分析、クラスター分析、シミュレーションなどの基本的な統計分析が可能となる。またオープンソースとしてだけでなく、パッケージを導入することで最新の分析手法を実行することもできる。

ETL(イーティーエル)

  • 用語集

ETLとは「Extract」「Transform」「Load」の略で、さまざまな場所(販売管理システム/顧客管理システムなど)に別々に存在している雑種多様なデータを抽出し、利用しやすいようにデータを再編集した後に、データウェアハウス(DWH)のような情報倉庫に出力する処理を指す。

NoSQL(ノーエスキューエル)

  • 用語集

「NoSQL(ノーエスキューエル)」とは、膨大なデータ量を高速かつ動的に整理し分析する、非リレーショナルな分散データベースシステムである。スケーラビリティ、可用性、耐障害性において、従来のRDB(リレーショナルデータベース)を凌駕するデータベースとしてNoSQLが、注目を集めている。

テキストマイニング(Text Mining)

  • 用語集

「テキストマイニング」とは、自然言語解析などの手法を用いて、大量のテキストデータを分析するプロセスにより、付加価値の高い「知見」を探し出す技術である。

ウェアラブルデバイス(Wearable Device)

  • 用語集

ウェアラブルデバイスとは、手首/腕/頭など体の一部に装着して使用するコンピュータデバイスの総称を指す。

無料資料プレゼント

第2回「多要素認証の種類と方法」

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter