【AI】AIでデータを収益化する「Machinify」---ソフトウェア2.0の鍵

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】AIでデータを収益化する「Machinify」---ソフトウェア2.0の鍵

TOPICS 2018年10月9日 13:27

【AI】AIでデータを収益化する「Machinify」---ソフトウェア2.0の鍵

AIでデータを収益化する「Machinify」について解説。

Machinify社とは

Machinifyは「データにアクセスして洞察を得ることでデータに価値をもたらす」ことを可能とする分野において注目を集めている企業。

今回、GVおよびMatrix Partnersから1000万ドルを調達した。

https://www.machinify.com/home/

大量データ収集後の活用方法についての課題

Machinify創設者兼CEOのPrasanna Ganesan氏は『今日の企業では大量のデータを収集しているというのが当社の基本的な考え方です』と述べている。

しかし、効率を上げるための賢明な意思決定に成功している企業のケースはほとんどない。

過去の決定に基づいて適切に理解

企業はMachinifyを使用することで、システムの生データをフィードして、最適化すべきものを指定する。Machinifyははそこから何をすべきかを判断する。

Ganesan氏は『過去の決定に基づいてマシンは適切に理解できます』と述べる。

成功事例

あるヘルスケア分野企業がMachinifyを導入したところ、クレーム処理の正確さとスピードを向上させることができ、収入を増やしコストを削減することに成功している。

Machinifyはソフトウェア2.0の鍵に

ソフトウェア2.0とは「AIモデルや大企業のデータセットによって動的に駆動されるソフトウェア」を指している。

GVのゼネラルパートナーであるAdam Ghoborah氏は『Machinifyは、企業内でソフトウェア2.0と呼ばれることが多い業務の重大な問題について焦点を当てています。ソフトウェア2.0はまったく異なるアプローチを必要としており、Machinifyプラットフォームはその価値を解明する鍵を握っていると確信しています』と述べている。

以上、下記URLからの要約
https://techcrunch.com/2018/10/08/machinify-raises-10-million-to-help-businesses-use-ai-to-monetize-data/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【IoT】英国政府、IoTセキュリティガイドラインを発表---ベストプラクティス13項目(2018年10月18日 12:12)

英国政府は消費者のIoTに関するセキュリティガイドラインを発表した。HPとCentrica Hiveは、インターネット接続デバイスのセキュリティを強化するための契約にサインした。

セキュリティガイドライン

このセキュリティガイドラインは、「英国サイバーセキュリティセンター」「その他の政府機関」「産学官」「学界」...

関連用語・タグ

相関関係()

  • 用語集

一方の値が変化すれば、他方の値も変化するという、2つの値の関連性を指す。

サポートベクターマシン(Support Vector Machine)

  • 用語集

「サポートベクターマシン(SVM:Support Vector Machine)」は、 画像・音声などの情報データから、意味を持つ対象を選別して取り出すパターン認識手法のひとつ。

因子分析(Factor Analysis)

  • 用語集

多変量解析の手法のひとつであり、多変量データに潜む共通因子を探り出す。

分散分析(Analysis of Variance: ANOVA)

  • 用語集

観測データにおける変動を誤差変動と各要因およびそれらの交互作用による変動に分解することによって、要因および交互作用の効果を判定する、統計的仮説検定の手法のひとつ。

イベント情報

無料資料プレゼント

第2回「多要素認証の種類と方法」

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter