【AI】Google、「Google AIインパクトチャレンジ」に2500万ドルを計上---人道的/環境的/社会的問題にAIで取り組む

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】Google、「Google AIインパクトチャレンジ」に2500万ドルを計上---人道的/環境的/社会的問題にAIで取り組む

TOPICS 2018年10月30日 11:43

【AI】Google、「Google AIインパクトチャレンジ」に2500万ドルを計上---人道的/環境的/社会的問題にAIで取り組む

Googleの「Social Good for Social Good」イベントで、Googleの副社長兼技術者であるJay Yagnik氏は、「Googleは社会的および経済的問題に取り組むために、世界中の人工知能研究のための2500万ドルの資金を作成しています」と発表した。

Google AIインパクトチャレンジ

Googleは「Google AIインパクトチャレンジ」として、人道的/環境的/社会的問題に取り組むための研究とエンジニアリングの努力を加速するために、世界中の組織や開発者と協力したいと考えている。Googleは「非営利団体」「社会企業」「研究機関」などを招待している。営利目的企業も申請できるが、慈善目的プロジェクトの場合にのみ適用される。

Googleの慈善団体、Google.orgのJacquelline Fuller社長は、「Google AIインパクトチャレンジのための助成金は約50万ドルから2百万ドルの範囲になると予想されています」「AIは以前は解決不可能だった問題に対応できるようになってきています」と語る。

海洋生物保護プロジェクト

Googleの副社長兼技術者であるJay Yagnik氏は、海洋生物保護プロジェクトについて説明した。

このプロジェクトは、動物の動きを予測するために記録されたクジラの歌を分析することで、クジラとボートの衝突を減らす助けとなることを目指している。

Yagnik氏は「今後は、繁殖地、移住経路、相対的な豊かさの変化、あるいは何年もの間の歌の変化を特定することによって、研究が一層深く進むことを望んでいます」「成功すれば、生物学者に必要な情報を提供し、クジラだけでなく、より多くの種類の海洋生物をよりよく理解し保護することができます」と語った。

以上、下記URLからの要約
https://www.siliconvalley.com/2018/10/29/google-puts-up-25-million-for-ai-research-to-help-humanity-earth/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【AI】機械学習の偏りを避ける3つの方法(2018年11月08日 11:31)

ビルダーやビジネスリーダーにとって、AIシステムの倫理的行動について監視するプロセスを確立することは重要とされる。

AIを構築する際のバイアスを管理する3つの鍵について解説。

①問題に対する正しい学習モデルを選択

「教師付き学習モデル」と「教師なし学習モデル」には、それぞれ長所と短所がある。

関連用語・タグ

判別分析法()

  • 用語集

データを異なるグループに分ける際に、まだ分類されていない新しいデータがどちらのグループに入るのかを判別するための基準を得るための分類の手法。

テキストマイニング(Text Mining)

  • 用語集

「テキストマイニング」とは、自然言語解析などの手法を用いて、大量のテキストデータを分析するプロセスにより、付加価値の高い「知見」を探し出す技術である。

医療()

  • タグ

クリックストリームデータ()

  • 用語集

Web サイトやオンライン・ショップにおける訪問者のアクセス・ログである。Web サイトやオンライン・ショップにアクセスした訪問者が、どのような順番に従ってWebサイト内を移動したのかという一連の履歴がわかる。来訪者はリンクをクリックしてサイト内を移動するため、「クリックの流れ」とも呼ばれる。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter