【AI】Google、「Google AIインパクトチャレンジ」に2500万ドルを計上---人道的/環境的/社会的問題にAIで取り組む

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】Google、「Google AIインパクトチャレンジ」に2500万ドルを計上---人道的/環境的/社会的問題にAIで取り組む

TOPICS 2018年10月30日 11:43

【AI】Google、「Google AIインパクトチャレンジ」に2500万ドルを計上---人道的/環境的/社会的問題にAIで取り組む

Googleの「Social Good for Social Good」イベントで、Googleの副社長兼技術者であるJay Yagnik氏は、「Googleは社会的および経済的問題に取り組むために、世界中の人工知能研究のための2500万ドルの資金を作成しています」と発表した。

Google AIインパクトチャレンジ

Googleは「Google AIインパクトチャレンジ」として、人道的/環境的/社会的問題に取り組むための研究とエンジニアリングの努力を加速するために、世界中の組織や開発者と協力したいと考えている。Googleは「非営利団体」「社会企業」「研究機関」などを招待している。営利目的企業も申請できるが、慈善目的プロジェクトの場合にのみ適用される。

Googleの慈善団体、Google.orgのJacquelline Fuller社長は、「Google AIインパクトチャレンジのための助成金は約50万ドルから2百万ドルの範囲になると予想されています」「AIは以前は解決不可能だった問題に対応できるようになってきています」と語る。

海洋生物保護プロジェクト

Googleの副社長兼技術者であるJay Yagnik氏は、海洋生物保護プロジェクトについて説明した。

このプロジェクトは、動物の動きを予測するために記録されたクジラの歌を分析することで、クジラとボートの衝突を減らす助けとなることを目指している。

Yagnik氏は「今後は、繁殖地、移住経路、相対的な豊かさの変化、あるいは何年もの間の歌の変化を特定することによって、研究が一層深く進むことを望んでいます」「成功すれば、生物学者に必要な情報を提供し、クジラだけでなく、より多くの種類の海洋生物をよりよく理解し保護することができます」と語った。

以上、下記URLからの要約
https://www.siliconvalley.com/2018/10/29/google-puts-up-25-million-for-ai-research-to-help-humanity-earth/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

関連用語・タグ

回帰分析()

  • 用語集

「回帰分析」とは、2つの変数から相関関係や因果関係を導き出すために、一方の変数から将来的な値を予測するための予測式(回帰直線)を求める手法。

ETL(イーティーエル)

  • 用語集

ETLとは「Extract」「Transform」「Load」の略で、さまざまな場所(販売管理システム/顧客管理システムなど)に別々に存在している雑種多様なデータを抽出し、利用しやすいようにデータを再編集した後に、データウェアハウス(DWH)のような情報倉庫に出力する処理を指す。

相関分析(Correlation Analysis)

  • 用語集

2つないし2つ以上の変量の間で、一方の変量が変化すると他方もそれに応じて変化する相関関係を統計的に分析する分析手法である。

因子分析(Factor Analysis)

  • 用語集

多変量解析の手法のひとつであり、多変量データに潜む共通因子を探り出す。

NoSQL(ノーエスキューエル)

  • 用語集

「NoSQL(ノーエスキューエル)」とは、膨大なデータ量を高速かつ動的に整理し分析する、非リレーショナルな分散データベースシステムである。スケーラビリティ、可用性、耐障害性において、従来のRDB(リレーショナルデータベース)を凌駕するデータベースとしてNoSQLが、注目を集めている。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter