【IoT】Atmosic、電池不要でインターネットを駆動するワイヤレスBluetooth 5プラットフォームを発表---エネルギーハーベスティングを実行可能な電源に

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】Atmosic、電池不要でインターネットを駆動するワイヤレスBluetooth 5プラットフォームを発表---エネルギーハーベスティングを実行可能な電源に

TOPICS 2018年11月1日 14:56

【IoT】Atmosic、電池不要でインターネットを駆動するワイヤレスBluetooth 5プラットフォームを発表---エネルギーハーベスティングを実行可能な電源に

カリフォルニア州の半導体メーカーであるAtmosic Technologies社は、M2およびM3シリーズにおいて業界初となる、電池不要でインターネットを駆動するワイヤレスBluetooth 5プラットフォームを発表した。

Atmosic社とは

Atmosic社は、数十億もの接続デバイスのバッテリーに関するメンテナンスに伴う「労力」「コスト」「生態学的な影響」に対して、永久のバッテリー寿命をもたらすソリューションを開発している。

今回、Atmosic社は「低電力無線」「オンデマンドウェイクアップ」「制御されたエネルギーハーベスティング」の3つの革新的な技術を開発した。

https://www.atmosic.com/

Bluetooth 5規格準拠

Atmosic社は、IoT接続ソリューションとして最も電力効率の良い基盤としてBluetooth 5規格準拠のプラットフォームを採用したことにより、「ビーコン」「コントローラ」「リモコン」「アセット」「フィットネストラッカー」など、数十億のIoTデバイスのインストールおよび保守に関連する課題に対応している。

エネルギーハーベスティング

10〜100倍の低消費電力を実現し電力利用を低レベルに抑え、制御されたエネルギーハーベスティングを無線接続デバイスの実行可能な電源としている。

さらに、Atmosic社のControlled Energy Harvestingを追加することで、バッテリー寿命を延ばすことができる。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2018/oct/25/atmosic-technologies-introduces-platforms-drive-battery-free-internet-things/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

関連用語・タグ

機械学習()

「機械学習」とは、人間が自然に行っている学習能力と同等の機能をコンピュータで実現しようとする技術や手法。データから反復的に学習しそこに潜むパターンを見つけ出す。

サポートベクターマシン(Support Vector Machine)

  • 用語集

「サポートベクターマシン(SVM:Support Vector Machine)」は、 画像・音声などの情報データから、意味を持つ対象を選別して取り出すパターン認識手法のひとつ。

ボット(bot)

  • 用語集

「ボット(BOT)」とは、人間がコンピュータを操作して行う処理について、人間に代わって特定の命令に従って自動的に実行するアプリケーションプログラムを意味する。

医療()

  • タグ

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter