【IoT】Atmosic、電池不要でインターネットを駆動するワイヤレスBluetooth 5プラットフォームを発表---エネルギーハーベスティングを実行可能な電源に

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】Atmosic、電池不要でインターネットを駆動するワイヤレスBluetooth 5プラットフォームを発表---エネルギーハーベスティングを実行可能な電源に

TOPICS 2018年11月1日 14:56

【IoT】Atmosic、電池不要でインターネットを駆動するワイヤレスBluetooth 5プラットフォームを発表---エネルギーハーベスティングを実行可能な電源に

カリフォルニア州の半導体メーカーであるAtmosic Technologies社は、M2およびM3シリーズにおいて業界初となる、電池不要でインターネットを駆動するワイヤレスBluetooth 5プラットフォームを発表した。

Atmosic社とは

Atmosic社は、数十億もの接続デバイスのバッテリーに関するメンテナンスに伴う「労力」「コスト」「生態学的な影響」に対して、永久のバッテリー寿命をもたらすソリューションを開発している。

今回、Atmosic社は「低電力無線」「オンデマンドウェイクアップ」「制御されたエネルギーハーベスティング」の3つの革新的な技術を開発した。

https://www.atmosic.com/

Bluetooth 5規格準拠

Atmosic社は、IoT接続ソリューションとして最も電力効率の良い基盤としてBluetooth 5規格準拠のプラットフォームを採用したことにより、「ビーコン」「コントローラ」「リモコン」「アセット」「フィットネストラッカー」など、数十億のIoTデバイスのインストールおよび保守に関連する課題に対応している。

エネルギーハーベスティング

10〜100倍の低消費電力を実現し電力利用を低レベルに抑え、制御されたエネルギーハーベスティングを無線接続デバイスの実行可能な電源としている。

さらに、Atmosic社のControlled Energy Harvestingを追加することで、バッテリー寿命を延ばすことができる。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2018/oct/25/atmosic-technologies-introduces-platforms-drive-battery-free-internet-things/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【AI】機械学習の偏りを避ける3つの方法(2018年11月08日 11:31)

ビルダーやビジネスリーダーにとって、AIシステムの倫理的行動について監視するプロセスを確立することは重要とされる。

AIを構築する際のバイアスを管理する3つの鍵について解説。

①問題に対する正しい学習モデルを選択

「教師付き学習モデル」と「教師なし学習モデル」には、それぞれ長所と短所がある。

関連用語・タグ

BI(ビジネスインテリジェンス)

「ビジネスインテリジェンス(BI)」とは、ビジネス上の意思決定を支援するために、蓄積された組織のデータを分析する手法や技術。意思決定支援システム(DSS)のひとつ。

IoT(モノのインターネット:Internet of Things)

「IoT」とは、従来はコンピュータやサーバなどの情報・通信機器だけに接続されていたインターネットを、世の中に存在する様々な物体(モノ)に接続して自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う技術。

家電()

  • タグ

相関関係()

  • 用語集

一方の値が変化すれば、他方の値も変化するという、2つの値の関連性を指す。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter