【IoT】調査結果「世界中のIoTプロジェクトでセキュリティに対する意識が欠如」---強力なネットワーク防御アプローチが必要

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】調査結果「世界中のIoTプロジェクトでセキュリティに対する意識が欠如」---強力なネットワーク防御アプローチが必要

TOPICS 2018年11月22日 11:46

【IoT】調査結果「世界中のIoTプロジェクトでセキュリティに対する意識が欠如」---強力なネットワーク防御アプローチが必要

ITセキュリティ企業トレンドマイクロが実施した調査によると、世界中のITおよびセキュリティ意思決定者の86%が『組織がIoTの脅威に対する意識を高める必要がある』と考えていることが明らかになった。

調査概要

トレンドマイクロの調査には、世界中から1150人のITリーダーとセキュリティリーダーが回答した。

回答者の50%以上が、セキュリティソリューションのいくつかの重要な機能に優先順位を付ける立場にあると述べている。

調査結果

調査の結果、「革新」「俊敏性」「デジタル変換」を推進するためにIoTプロジェクトを展開する世界中の多くの組織で、サイバーセキュリティの成熟度が不足していることが明らかになった。

これは、接続されたデバイスに関連する「脅威レベル上昇」や「セキュリティ課題に伴う知識の大幅な欠如」によるものが主な原因としている。

強力なネットワーク防御アプローチを提案

IoTデバイスが危険にさらされるリスクを軽減するために「脆弱性管理」「異常動作監視」することが最も望ましい要件としてあげられた。

ITセキュリティ会社は、IoTデバイスが企業ネットワークのどの部分でもセキュリティリスクを追加しないように、組織にとって強力なネットワーク防御アプローチを提案している。

消費者のIoTデバイスに関するリスク意識

8月にDynatraceによって実施された別の調査では、消費者はIoTデバイスに興味をそそられ続けていることが分かった。

しかし、調査対象者の3分の2が潜在的なリスクのあるパフォーマンス問題にすでに遭遇していることが認められた。

この懸念の最も顕著な例は自動運転車であり、調査対象者の85%が「これらの車両が誤動作する可能性がある」として懸念を抱いている。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2018/nov/21/significant-lack-awareness-iot-security-among-it-and-security-leaders-study-finds/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【AI】エンタープライズ向けAI情報共有プラットフォーム「Guru」---問い合わせをすることなく関連情報を自動的に提示(2018年12月13日 11:11)

エンタープライズ向けAI情報共有プラットフォーム「Guru」は、2500万ドルを調達したことを発表した。

「Guru」とは

Guruとは、AIを利用して「集団知識の統一」「集団知識の正確性検証」「マーケティングサポート」「セールスサポート」などを行う情報共有プラットフォーム。

使い込むほどより精...

関連用語・タグ

テキストマイニング(Text Mining)

  • 用語集

「テキストマイニング」とは、自然言語解析などの手法を用いて、大量のテキストデータを分析するプロセスにより、付加価値の高い「知見」を探し出す技術である。

R(アール)

  • 用語集

「R」を用いることで、クロス集計や回帰分析、クラスター分析、シミュレーションなどの基本的な統計分析が可能となる。またオープンソースとしてだけでなく、パッケージを導入することで最新の分析手法を実行することもできる。

コレスポンデンス分析()

  • 用語集

「コレスポンデンス分析」(Correspondence Analysis)とは、類似した項目を明らかにするため、各項目を数値化する分析手法である。

重回帰分析()

  • 用語集

多変量解析のひとつであり、あるデータをほかの複数のデータによって予測する分析手法である。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter