【AI】「マーケティング分野におけるAIの活用」と「データ収集とデータ利用のギャップ」

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】「マーケティング分野におけるAIの活用」と「データ収集とデータ利用のギャップ」

TOPICS 2018年11月29日 13:47

【AI】「マーケティング分野におけるAIの活用」と「データ収集とデータ利用のギャップ」

「マーケティング分野におけるAIの活用」「データ収集とデータ利用のギャップ」について、データ駆動型マーケティングソリューションプロバイダー「Zeta Global」のデータクラウド部門ビジネス開発担当上級ディレクターRon Sadi氏に話を聞いている。

マーケティングの目標

Sadi氏はマーケティングの目標を『ビジネス目標を明確に定義し、スマートツール(AIや機械学習)を、その明確に定義されたユースケースの周りに構築すること』として、最終的には『消費者がいつ購入を進めるのかを予測し適切な瞬間を得ること』としている。

AIから価値の高い洞察を得るのはまだ困難

Sadi氏はAIの活用について以下のように述べている。

『私たちの顧客の中には、データ戦略を構築しているだけでなく、データ監視についても非常に洗練されている場合もありますが、顧客にとって価値の高い洞察と実践的な理解を引き出すことはまだ困難です』

『得られたデータから最良の洞察を得るために「人工知能(AI)」と「機械学習(ML)」は役立ちますが、スイッチを軽くたたくだけでAIが出来上がるほど単純ではありません』

『率直に言って、これらのテクノロジーは複雑であり、多くの大容量データを、その顧客やブランドの特定のユースケースに実際に合ったモデルと統合することは非常に困難です』

ユーザーパターン理解による洞察獲得

Sadi氏は『伝統的に、大規模データは「人口統計」「年齢」「所得」「家計収入」などのデータに集中しています』『私たちは、行動データが本当にユーザーを特定し、そのユーザーのパターンを実際に理解して最終的に意図を導き出すことがマーケティングを活性化するためのキーであると信じています』と述べた。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2018/nov/28/how-ai-can-help-provide-marketers-right-moment-consumer-purchase/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【AI】エンタープライズ向けAI情報共有プラットフォーム「Guru」---問い合わせをすることなく関連情報を自動的に提示(2018年12月13日 11:11)

エンタープライズ向けAI情報共有プラットフォーム「Guru」は、2500万ドルを調達したことを発表した。

「Guru」とは

Guruとは、AIを利用して「集団知識の統一」「集団知識の正確性検証」「マーケティングサポート」「セールスサポート」などを行う情報共有プラットフォーム。

使い込むほどより精...

関連用語・タグ

クリックストリームデータ()

  • 用語集

Web サイトやオンライン・ショップにおける訪問者のアクセス・ログである。Web サイトやオンライン・ショップにアクセスした訪問者が、どのような順番に従ってWebサイト内を移動したのかという一連の履歴がわかる。来訪者はリンクをクリックしてサイト内を移動するため、「クリックの流れ」とも呼ばれる。

ドローン(Drone)

  • 用語集

無人で遠隔操作や自動制御によって飛行できる航空機の総称。

農業()

  • タグ

家電()

  • タグ

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter