【IoT】セルラーIoTが代替ソリューションに比べて明確な利点を持つ理由

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】セルラーIoTが代替ソリューションに比べて明確な利点を持つ理由

TOPICS 2018年12月4日 11:12

【IoT】セルラーIoTが代替ソリューションに比べて明確な利点を持つ理由

セルラーIoTが代替ソリューションに比べて明確な利点を持つ理由について解説。

セルラーIoTの成長

ウェアラブル機器市場においてLTE-MおよびNB-IoTネットワークは成熟してきている。新興アプリケーションの大多数を接続する唯一の真の長期的選択肢として、セルラーIoTはますます採用を伸ばしている。

2022年までに世界ウェアラブル機器の出荷台数が1億9000万台を超えると予想される中で、セルラーIoTだけが、現行および新興のウェアラブルアプリケーションの要求を満たすことができ、効率的かつ費用対効果の高いソリューションを保証できるものとされている。

セルラーIoTの特徴

モビリティと屋外接続性

ウェアラブル機器の中で、特にGPSトラッカーやフィットネスモニターは、屋外で長時間使用するため、移動性と屋外接続性が最も重要な要件となる。

LoRaやSigfoxなどの非セルラーLPWAN技術はデータネットワーク機能を重視しているが、セルラーIoTは屋外アプリケーションに必要な範囲とカバレッジを提供できる。

デュアルモードLTE-M/NB-IoTチップセットを使用することにより、ユーザーにとって付加的な利点がもたらされ、ネットワークのカバレッジに関係なく、任意の地理的位置でデバイスをサポートして動作できる。

セルラー接続のウェアラブルは、GPS測位などの他の統合された機能と組み合わせることで、さまざまな機能強化を期待できる。

音声

セルラーIoTは音声サービスも可能にしている。

VoLTE(ボイスオーバーLTE)は、ウェアラブルからの緊急呼び出しなどのユースケースのための可能性を開く。

セルラーIoTに必要となる要件

バッテリー寿命

ユーザーはデバイスを充電することなく長期間使用できる必要がある。

サイズ

サイズはウェアラブルデバイスにとって常に差別化要因になる。パフォーマンスを犠牲にすることなく、できるだけ控えめでなければならない。

コスト

今後何十年にもわたって何十億ものデバイスが接続されることを期待して、競争力のある価格で販売できることが不可欠となる。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2018/nov/29/why-cellular-iot-is-the-only-option-for-wearables/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

関連用語・タグ

非構造化データ()

  • 用語集

「非構造化データ」とは、企業の基幹システムに保管されている構造化データに対し、日常業務で増える電子文書や紙文書、写真、動画、音声、Webコンテンツなど構造化されていないデータを指す。

クラスター分析(Cluster analysis)

  • 用語集

異なる性質のものが混ざりあっている集合体から互いに似たものを集めてグループ(Cluster)を作り、対象を分析する手法。

インメモリデータベース()

  • 用語集

データをストレージではなく、メインメモリ上に格納するよう設計されたデータベース。また、そのようなデータベースを構築・運用できるデータベース管理システム(DBMS)。「メインメモリデータベース(MMDB)」とも言う。

ウェアラブルデバイス(Wearable Device)

  • 用語集

ウェアラブルデバイスとは、手首/腕/頭など体の一部に装着して使用するコンピュータデバイスの総称を指す。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter