【IoT】ガートナー、「2019年のウェアラブルデバイスの世界出荷は前年比26%増」と予測

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】ガートナー、「2019年のウェアラブルデバイスの世界出荷は前年比26%増」と予測

TOPICS 2018年12月11日 11:03

【IoT】ガートナー、「2019年のウェアラブルデバイスの世界出荷は前年比26%増」と予測

調査会社ガートナーは「2019年のウェアラブルデバイスの世界出荷は前年比25.8%増の2億2500万ドルになる」という予測を発表した。

エンドユーザー支出の増加

ガートナーは「2019年のウェアラブル機器へのエンドユーザー支出は420億ドルに達する」と予測している。

スマートウォッチは緩やかな低下へ

スマートウォッチは、2019年に7400万台が出荷され、ウェアラブル機器のすべてのフォームファクターのトップセグメントになると予測されている。

ガートナーのシニアディレクターAlan Antin氏は次のように述べている。『現時点では、スマートウォッチ市場は、Apple Watchの比較的安定した平均販売価格によって補完されています。しかし、スマートウォッチの全体的な平均販売価格は「2018年の221.99ドル」から「2022年の210ドル」まで緩やかに低下すると予想しています。』

イアラブル(耳装着型)デバイスの伸び

「Apple AirPod」などのイアラブル(耳装着型)デバイスの出荷台数は、2022年までに、出荷されるすべてのウェアラブル製品の30%以上を占めると見られている。

Forbesは『可聴音は健康管理を変える次のウェアラブルの可能性がある』としており、最近の記事では、聞き取り可能なユニークな機能を指摘し、これらのデバイスがどのようにして50億ドルの市場に成長したのかについても触れている。

ユーザーは、自分の好きな音楽を同時に聴くと同時に、モーションセンサー機能により、心拍チェックや活動追跡を行える。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2018/dec/05/global-wearable-device-sales-rise-26-2019-says-gartner/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【IoT】IoT天気予報サービス「ClimaCell」---IoT仮想気象ステーションから正確な予報を作成(2019年03月19日 10:14)

ボストンとテルアビブを拠点とするスタートアップである「ClimaCell」は、IoTなどのさまざまな方法で気候データを取得する方法により正確な天気予報情報を提供している。 https://www.climacell.co/

関連用語・タグ

家電()

  • タグ

相関分析(Correlation Analysis)

  • 用語集

2つないし2つ以上の変量の間で、一方の変量が変化すると他方もそれに応じて変化する相関関係を統計的に分析する分析手法である。

回帰分析()

  • 用語集

「回帰分析」とは、2つの変数から相関関係や因果関係を導き出すために、一方の変数から将来的な値を予測するための予測式(回帰直線)を求める手法。

RFM分析()

  • 用語集

「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集

ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。

  • KSKサイド001

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter