【IoT】ガートナー、「2019年のウェアラブルデバイスの世界出荷は前年比26%増」と予測

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】ガートナー、「2019年のウェアラブルデバイスの世界出荷は前年比26%増」と予測

TOPICS 2018年12月11日 11:03

【IoT】ガートナー、「2019年のウェアラブルデバイスの世界出荷は前年比26%増」と予測

調査会社ガートナーは「2019年のウェアラブルデバイスの世界出荷は前年比25.8%増の2億2500万ドルになる」という予測を発表した。

エンドユーザー支出の増加

ガートナーは「2019年のウェアラブル機器へのエンドユーザー支出は420億ドルに達する」と予測している。

スマートウォッチは緩やかな低下へ

スマートウォッチは、2019年に7400万台が出荷され、ウェアラブル機器のすべてのフォームファクターのトップセグメントになると予測されている。

ガートナーのシニアディレクターAlan Antin氏は次のように述べている。『現時点では、スマートウォッチ市場は、Apple Watchの比較的安定した平均販売価格によって補完されています。しかし、スマートウォッチの全体的な平均販売価格は「2018年の221.99ドル」から「2022年の210ドル」まで緩やかに低下すると予想しています。』

イアラブル(耳装着型)デバイスの伸び

「Apple AirPod」などのイアラブル(耳装着型)デバイスの出荷台数は、2022年までに、出荷されるすべてのウェアラブル製品の30%以上を占めると見られている。

Forbesは『可聴音は健康管理を変える次のウェアラブルの可能性がある』としており、最近の記事では、聞き取り可能なユニークな機能を指摘し、これらのデバイスがどのようにして50億ドルの市場に成長したのかについても触れている。

ユーザーは、自分の好きな音楽を同時に聴くと同時に、モーションセンサー機能により、心拍チェックや活動追跡を行える。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2018/dec/05/global-wearable-device-sales-rise-26-2019-says-gartner/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

「利用企業70%が必要なし」でも再考したい「Microsoft 365」のデータ保護の重要性 自社のバックアップ対策、本当に大丈夫ですか? 簡単設定で包括的サポートを実現する最適な方法

ランサムウェア攻撃の標的にされ始めた中小企業 ~「選ばれるMSP/MSSP」が備えるセキュリティ/データ保護を可能にする近道~

あの悪夢が再び、国内で急拡大の「Emotet」感染をどう防ぐ? マルウェア、ランサムウェアなどエンドポイント対策の疑問に直接ベンダーが答える

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter