【IoT】McAfee Labs、IoTマルウェアの蔓延について警告---1分あたり480のIoTマルウェア脅威を検出

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】McAfee Labs、IoTマルウェアの蔓延について警告---1分あたり480のIoTマルウェア脅威を検出

TOPICS 2018年12月25日 11:05

【IoT】McAfee Labs、IoTマルウェアの蔓延について警告---1分あたり480のIoTマルウェア脅威を検出

McAfee Labsは「サイバーセキュリティ会社が1分あたり480のIoTマルウェア脅威を検出している」として、IoTマルウェアの蔓延について警告を発している。

激増するIoTマルウェア脅威

McAfeeは、2018年第3四半期の3か月間に、毎分480のIoTマルウェアの脅威を検出した。新しいサンプルは53パーセント増加している。

IoTデバイスやIoTネットワークがハッカーの標的になりつつあることを示す証拠が提示されて以降、IoTマルウェアの総数は過去4四半期で203%増加した。

DNSプロバイダをオフラインにしてしまうIoTマルウェア

セキュリティに妥協の余地のあるIoTデバイスが数多く生み出されている。

2016年のMirai IoTボットネット攻撃により、DNSプロバイダ「Dyn」が悪意のあるトラフィックであふれた後、約70の一般的なサービスがオフラインにされた。

Dynのようなサービスは不審なトラフィックをブロックすることがよくあるが、IoTが分散しているため、正当なトラフィックと不当なトラフィックが混在しオフラインとなった。

IoTはネットワーク侵入のための最も簡単な方法

ハッカーは、IoTデバイス侵害が、多くの場合、ネットワークに侵入するための最も簡単な方法であることを知っている。

McAfeeの主任科学者であるChristiaan Beek氏は『サイバー犯罪者は、新旧両方の脆弱性を武器にしている』と述べている。

減らないランサムウェア被害

ハッカーは彼らの活動のために暗号通貨を利用している。ランサムウェアは、BitcoinやMoneroなどの暗号通貨での支払いを要求することがよくある。

Beek氏は『身代金が支払われ、フィッシングキャンペーンのような比較的簡単な攻撃が成功する限り、悪意のある攻撃者はこれらの手法を使い続けるでしょう』と述べた。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2018/dec/20/mcafee-new-iot-malware-variants-minute/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【IoT】IoT天気予報サービス「ClimaCell」---IoT仮想気象ステーションから正確な予報を作成(2019年03月19日 10:14)

ボストンとテルアビブを拠点とするスタートアップである「ClimaCell」は、IoTなどのさまざまな方法で気候データを取得する方法により正確な天気予報情報を提供している。 https://www.climacell.co/

関連用語・タグ

データウェアハウス(Data Warehouse)

  • 用語集

「データウェアハウス(DWH:Data WareHouse)」とは、ビジネスインテリジェンスに活用するための「データ倉庫」を意味し、目的別かつ時系列に編成/統合され、削除や更新されないデータ集合体(データベースシステム)を指す。

人工知能(AI)(Artificial Intelligence)

  • 用語集

「人工知能(AI:Artificial Intelligence)」についての厳密な定義については、人工知能研究者/研究機関などのそれぞれの思想や考え方により、解釈や認識にずれが存在するため定まっていない部分がある。一般的には「人工的に作られた人間のような知能」などと定義される。

医療()

  • タグ

アソシエーション分析(Association Analytics)

  • 用語集

データ間の相関関係を発見する場合に用いられる、データマイニングの手法のひとつ。

決定木分析()

  • 用語集

樹木状のモデルを使って要因を分析しその分析結果から境界線を探して予測を行う、データマイニングの手法のひとつ。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter