【IoT】McAfee Labs、IoTマルウェアの蔓延について警告---1分あたり480のIoTマルウェア脅威を検出

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】McAfee Labs、IoTマルウェアの蔓延について警告---1分あたり480のIoTマルウェア脅威を検出

TOPICS 2018年12月25日 11:05

【IoT】McAfee Labs、IoTマルウェアの蔓延について警告---1分あたり480のIoTマルウェア脅威を検出

McAfee Labsは「サイバーセキュリティ会社が1分あたり480のIoTマルウェア脅威を検出している」として、IoTマルウェアの蔓延について警告を発している。

激増するIoTマルウェア脅威

McAfeeは、2018年第3四半期の3か月間に、毎分480のIoTマルウェアの脅威を検出した。新しいサンプルは53パーセント増加している。

IoTデバイスやIoTネットワークがハッカーの標的になりつつあることを示す証拠が提示されて以降、IoTマルウェアの総数は過去4四半期で203%増加した。

DNSプロバイダをオフラインにしてしまうIoTマルウェア

セキュリティに妥協の余地のあるIoTデバイスが数多く生み出されている。

2016年のMirai IoTボットネット攻撃により、DNSプロバイダ「Dyn」が悪意のあるトラフィックであふれた後、約70の一般的なサービスがオフラインにされた。

Dynのようなサービスは不審なトラフィックをブロックすることがよくあるが、IoTが分散しているため、正当なトラフィックと不当なトラフィックが混在しオフラインとなった。

IoTはネットワーク侵入のための最も簡単な方法

ハッカーは、IoTデバイス侵害が、多くの場合、ネットワークに侵入するための最も簡単な方法であることを知っている。

McAfeeの主任科学者であるChristiaan Beek氏は『サイバー犯罪者は、新旧両方の脆弱性を武器にしている』と述べている。

減らないランサムウェア被害

ハッカーは彼らの活動のために暗号通貨を利用している。ランサムウェアは、BitcoinやMoneroなどの暗号通貨での支払いを要求することがよくある。

Beek氏は『身代金が支払われ、フィッシングキャンペーンのような比較的簡単な攻撃が成功する限り、悪意のある攻撃者はこれらの手法を使い続けるでしょう』と述べた。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2018/dec/20/mcafee-new-iot-malware-variants-minute/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【IoT】北米IoTセキュリティ市場は年間25%以上成長する見込み(2019年01月18日 11:55)

レポート「Internet of Things (IoT) Security: North American Markets to 2023」によると、北米のIoTセキュリティ市場では年間25%以上の成長率が見込まれている。

北米IoTセキュリティ市場規模と成長率

レポートによると、北米のIoTセキュリティ市場...

関連用語・タグ

ウェアラブルデバイス(Wearable Device)

  • 用語集

ウェアラブルデバイスとは、手首/腕/頭など体の一部に装着して使用するコンピュータデバイスの総称を指す。

非構造化データ()

  • 用語集

「非構造化データ」とは、企業の基幹システムに保管されている構造化データに対し、日常業務で増える電子文書や紙文書、写真、動画、音声、Webコンテンツなど構造化されていないデータを指す。

IoT(モノのインターネット:Internet of Things)

「IoT」とは、従来はコンピュータやサーバなどの情報・通信機器だけに接続されていたインターネットを、世の中に存在する様々な物体(モノ)に接続して自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う技術。

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集

ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter