【IoT】ワシントン大学研究チーム、ミツバチ用IoTチップを研究---「生きたIoTプラットフォーム」への可能性

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】ワシントン大学研究チーム、ミツバチ用IoTチップを研究---「生きたIoTプラットフォーム」への可能性

TOPICS 2018年12月27日 10:11

【IoT】ワシントン大学研究チーム、ミツバチ用IoTチップを研究---「生きたIoTプラットフォーム」への可能性

ワシントン大学の研究チームは、「生きているIoTプラットフォーム」を作成するためにミツバチを小さなドローンに変えようとしている。

ミツバチ用IoTチップの重量制限

3種類のミツバチを使った実験で、それらは約105ミリグラムまでの重量を運びながら飛べることが分かった。この情報を基に、研究者らはチップ重量を102ミリグラムに抑えなければならないことを確認した。

ミツバチ用IoTチップの構成

チップの70ミリグラムは、約7時間のランタイムを持つ充電式リチウムイオン電池で占められる。

その他の重さは、4秒に1回の間隔で「湿度」「温度」「光の強度」などを分析するための「マイクロコントローラ」「アンテナ」「センサー」が占める。

電池効率を最大にするために、研究者らは設計に最小限の部品しか使用されていないことを確認した。

無線伝達方法

研究者は、電力を消費する無線コンポーネントを使用するのではなく、チップから散乱する無線信号を修正することによってチップからデータを受信できた。データは毎秒約1000ビットの速度で転送される。

ワイヤレス充電

電池を補充するため、ミツバチが巣箱に戻ったときにワイヤレス充電が使用される。研究者らは太陽電池の使用を検討している。

「生きたIoTプラットフォーム」への可能性

研究者たちは、IoTチップをミツバチに取り付けることで、ミツバチが植物から植物へと移動する能力によってスマート農業のようなものにつながる可能性がある「生きたIoTプラットフォーム」を達成できると考えている。

もう一つの潜在的な利点として、ミツバチ減少の背後にある謎を解決するための糸口として期待されている。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2018/dec/13/scientists-fit-bees-sensors-create-iot-platform/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【IoT】北米IoTセキュリティ市場は年間25%以上成長する見込み(2019年01月18日 11:55)

レポート「Internet of Things (IoT) Security: North American Markets to 2023」によると、北米のIoTセキュリティ市場では年間25%以上の成長率が見込まれている。

北米IoTセキュリティ市場規模と成長率

レポートによると、北米のIoTセキュリティ市場...

関連用語・タグ

ウェアラブルデバイス(Wearable Device)

  • 用語集

ウェアラブルデバイスとは、手首/腕/頭など体の一部に装着して使用するコンピュータデバイスの総称を指す。

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集

ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。

ベイズ理論()

  • 用語集

18世紀のイギリスの数学者であるトーマス・ベイズによって示された条件付き確率に関して成り立つ定理に基づく理論。

MapReduce(マップリデュース)

  • 用語集

「MapReduce(マップリデュース)」とは、大規模なデータを分散処理するためのプログラミングモデル。 分割されたデータの断片に加工を施し必要な情報を抽出するMap処理と、Mapで抽出した情報を束ねて処理結果を得るReduce処理の2段階に分けてデータ処理を行う。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter