【IoT】ワシントン大学研究チーム、ミツバチ用IoTチップを研究---「生きたIoTプラットフォーム」への可能性

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】ワシントン大学研究チーム、ミツバチ用IoTチップを研究---「生きたIoTプラットフォーム」への可能性

TOPICS 2018年12月27日 10:11

【IoT】ワシントン大学研究チーム、ミツバチ用IoTチップを研究---「生きたIoTプラットフォーム」への可能性

ワシントン大学の研究チームは、「生きているIoTプラットフォーム」を作成するためにミツバチを小さなドローンに変えようとしている。

ミツバチ用IoTチップの重量制限

3種類のミツバチを使った実験で、それらは約105ミリグラムまでの重量を運びながら飛べることが分かった。この情報を基に、研究者らはチップ重量を102ミリグラムに抑えなければならないことを確認した。

ミツバチ用IoTチップの構成

チップの70ミリグラムは、約7時間のランタイムを持つ充電式リチウムイオン電池で占められる。

その他の重さは、4秒に1回の間隔で「湿度」「温度」「光の強度」などを分析するための「マイクロコントローラ」「アンテナ」「センサー」が占める。

電池効率を最大にするために、研究者らは設計に最小限の部品しか使用されていないことを確認した。

無線伝達方法

研究者は、電力を消費する無線コンポーネントを使用するのではなく、チップから散乱する無線信号を修正することによってチップからデータを受信できた。データは毎秒約1000ビットの速度で転送される。

ワイヤレス充電

電池を補充するため、ミツバチが巣箱に戻ったときにワイヤレス充電が使用される。研究者らは太陽電池の使用を検討している。

「生きたIoTプラットフォーム」への可能性

研究者たちは、IoTチップをミツバチに取り付けることで、ミツバチが植物から植物へと移動する能力によってスマート農業のようなものにつながる可能性がある「生きたIoTプラットフォーム」を達成できると考えている。

もう一つの潜在的な利点として、ミツバチ減少の背後にある謎を解決するための糸口として期待されている。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2018/dec/13/scientists-fit-bees-sensors-create-iot-platform/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

関連用語・タグ

農業()

  • タグ

クロス集計()

  • 用語集

2~3種類の情報に限定してデータの分析や集計を行なう手法。縦軸と横軸に項目を割り振り、特定の項目の相互関係を明らかにすることができる。

分散分析(Analysis of Variance: ANOVA)

  • 用語集

観測データにおける変動を誤差変動と各要因およびそれらの交互作用による変動に分解することによって、要因および交互作用の効果を判定する、統計的仮説検定の手法のひとつ。

機械学習()

「機械学習」とは、人間が自然に行っている学習能力と同等の機能をコンピュータで実現しようとする技術や手法。データから反復的に学習しそこに潜むパターンを見つけ出す。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter