【自動運転】NVIDIA、AI自動運転プラットフォーム「DRIVE AutoPilot」を発表---世界初の市販用「Level2+」

Analytics News(アナリティクスニュース)

【自動運転】NVIDIA、AI自動運転プラットフォーム「DRIVE AutoPilot」を発表---世界初の市販用「Level2+」

TOPICS 2019年1月10日 09:38

【自動運転】NVIDIA、AI自動運転プラットフォーム「DRIVE AutoPilot」を発表---世界初の市販用「Level2+」

NVIDIAは、世界初の市販用「Level2+」自動運転プラットフォーム「DRIVE AutoPilot」を発表した。

https://www.nvidia.com/en-us/self-driving-cars/drive-platform/

「レベル2+」AI自動運転機能

NVIDIA DRIVE AutoPilotは、複数のAI技術を統合し、より洞察に富んだ視覚化を使うことで、自動車メーカーが豊かなコックピット体験のために使用できるより多くのデータを自動車にもたらす。

NVIDIAは、NVIDIA DRIVE AutoPilotがこれらの機能を提供することで、『自動車メーカーが2020年までに最先端の自律型ソリューションを迅速に展開し、このソリューションをより高いレベルの自律性に迅速に拡張することを可能にします』としている。

ABI Researchの自動車研究担当副社長Dominique Bonte氏は『NVIDIAの高性能AIソリューションは、近い将来、より効果的なアクティブセーフティとより信頼性の高い自動運転システムを提供するでしょう』と述べている。

「レベル2+」は自動車が自動運転機能を持っていることを意味するが、常に人間による監視は必要とされる。

ディープニューラルネットワーク処理

このような強力な機能には、現在の自動車で利用可能なものよりもはるかに多くの計算能力と高度なソフトウェアが必要となる。

1秒間に30兆回の処理能力を提供する高性能な「NVIDIA Xavierプロセッサ」は、DRIVEソフトウェアと連携してディープニューラルネットワークを処理する。

これらのニューラルネットワークは「高速道路の合流」「車線変更」「車線分割」などのオートパイロット機能に必要な認識を得るために外部センサーと結合する。

採用予定

ドイツの自動車メーカー「Continental AG」と「ZF Friedrichshafen AG」は、NVIDIAのDRIVE AutoPilotプラットフォームを自動運転システムに採用すると発表している。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2019/jan/08/nvidia-first-level2-self-driving-platform/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

関連用語・タグ

重回帰分析()

  • 用語集

多変量解析のひとつであり、あるデータをほかの複数のデータによって予測する分析手法である。

ロボット(Robot)

組み込みシステムの一種。人間と同等、またはそれ以上の作業を自律的に行う装置、もしくは機械。

ボット(bot)

  • 用語集

「ボット(BOT)」とは、人間がコンピュータを操作して行う処理について、人間に代わって特定の命令に従って自動的に実行するアプリケーションプログラムを意味する。

機械学習()

「機械学習」とは、人間が自然に行っている学習能力と同等の機能をコンピュータで実現しようとする技術や手法。データから反復的に学習しそこに潜むパターンを見つけ出す。

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集

ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter