【コネクテッドカー】Karamba Security「自動車は月に30万回のサイバー攻撃に直面している」

Analytics News(アナリティクスニュース)

【コネクテッドカー】Karamba Security「自動車は月に30万回のサイバー攻撃に直面している」

TOPICS 2019年1月15日 14:09

【コネクテッドカー】Karamba Security「自動車は月に30万回のサイバー攻撃に直面している」

Karamba Securityは「コネクテッドカーへのサイバー攻撃規模」に関する発表を行った。

1ヶ月に30万件もの攻撃

Karambaは自動車用電子制御ユニット(ECU)をセットアップし、それを介してインターネット攻撃を引きつけている。

このECUに対して「Telnet」「SSH」「HTTP」などを含む11種類の攻撃タイプが試みられ、過去3ヶ月間で1ヶ月に30万件もの攻撃を受けている。

同一のハッカーによって多数の攻撃が行われている可能性もあるが、Karambaは少なくとも3500の異なる加害者を検出し、攻撃は多くの地域やサービスプロバイダに広がっていた。

自動車業界は予防策を講じる必要がある

KarambaのThreatHiveソリューションは、実車で悪用される前に、このような「ハニーポット」を使用してこれらの脆弱性を見つけることを目的としている。

Karamba Securityの共同創設者兼CEOであるAmi Dotan氏は次のように述べている。『接続された各ECUが毎月約30万回攻撃されるという事実は、まさに創造的で永続的なハッカーがどのようになったかを示しています。自律走行車とコネクテッドカーがソフトウェアで駆動されるようになると、ハッカーがECUを危険にさらし、速度と方向を変えるために自動車に侵入して、車両を制御する方法を見つける危険性が高まります。自動車業界は予防策を講じる必要があります。』

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2019/jan/14/karamba-security-vehicles-attacks-month/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

事務機器企業は、複合機が売れない時代に、どうやって売上を伸ばせばよいのか?

ネットワークエンジニアの減少で負担が増える、企業のネットワーク運用管理

いまさら聞けない、ウェビナー入門(運営実務の入門解説と、集客の課題)

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter