【SmartSpeaker】米国におけるスマートスピーカーシェアレポート---設置台数は6600万台に達しAmazonが主導

Analytics News(アナリティクスニュース)

【SmartSpeaker】米国におけるスマートスピーカーシェアレポート---設置台数は6600万台に達しAmazonが主導

TOPICS 2019年2月7日 10:57

【SmartSpeaker】米国におけるスマートスピーカーシェアレポート---設置台数は6600万台に達しAmazonが主導

調査会社CIRPは、米国のスマートスピーカーに関するレポートとして「設置台数は6600万台に達しAmazonが主導している」と報告した。

設置ベースシェア

レポートによると、米国市場のスマートスピーカーシェアは以下の通り。
1.Amazon Echo(70%)
2.Google Home(24%)
3.Apple HomePod(6%)

CIRP社の分析

CIRP社のパートナー兼共同創設者であるJosh Lowitz氏は、声明の中で次のように述べている。

シェア動向は安定

『Amazon Echo、Google Home、Apple HomePodが過去数四半期にわたって一貫したシェアを占めているため、相対的な市場シェアはかなり安定しています。』

AmazonとGoogleは多彩なラインナップを提供

『AmazonとGoogleはどちらも、エントリーモデルからハイエンドモデルまで幅広いラインナップを揃えています。特に、Amazonは多くのモデルを提供しています。』

Appleはハイエンドモデルのみ

『AppleはハイエンドモデルであるHomePodしか提供できていないため、Echo DotやHome miniに近いエントリーレベルの製品を提供するまでは、大きなシェアを獲得することはないと考えています。』

他の調査会社のシェア分析

Strategy Analytics社の分析

Strategy Analytics社の米国でのシェア分析では、「Amazon Echoは63%」「Google Homeは17%」「Apple HomePodは4%」としている。

eMarketer社の予測

eMarketerの2019年の米国での予測として「Amazon Echoが63%」「Google Homeが31%」「HomePodやSonosなどの他のすべての企業で12%」に達するとしている。

以上、下記URLからの要約
https://techcrunch.com/2019/02/05/report-smart-speaker-adoption-in-u-s-reaches-66m-units-with-amazon-leading/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【SmartWatch】米国のスマートウォッチ所有率が16%に---販売は大幅に増加、売上51%増(2019年02月14日 12:06)

NPDグループによる「Smartwatch Total Market Report」を紹介。

米国のスマートウォッチ販売は大幅に増加

2018年11月までの12か月間の米国のスマートウォッチ販売は前年同期比で大幅に増加した。「スマートウォッチの売り上げは51%増」で「総売上高は約50億ドル」に達している。

関連用語・タグ

営業()

  • タグ

R(アール)

  • 用語集

「R」を用いることで、クロス集計や回帰分析、クラスター分析、シミュレーションなどの基本的な統計分析が可能となる。またオープンソースとしてだけでなく、パッケージを導入することで最新の分析手法を実行することもできる。

アソシエーション分析(Association Analytics)

  • 用語集

データ間の相関関係を発見する場合に用いられる、データマイニングの手法のひとつ。

Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)

  • 用語集

「Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)」とは、 ビッグデータを複数のマシンに分散して処理できる、オープンソースのプラットフォームである。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter