【SmartSpeaker】Google vs Amazon、スマートスピーカースキル比較

Analytics News(アナリティクスニュース)

【SmartSpeaker】Google vs Amazon、スマートスピーカースキル比較

TOPICS 2019年2月19日 10:24

【SmartSpeaker】Google vs Amazon、スマートスピーカースキル比較

スマートスピーカー市場シェアでの競合に加えて、GoogleとAmazonは、音声アプリケーションエコシステムにおける開発者のマインドシェアを競っている。

音声スキル数比較

AmazonのAlexaデバイスで利用可能な音声スキルの数は「約8万件」にまで増加した。

一方、GoogleはGoogle Assistant Actionsと呼ばれる独自の音声アプリの数として、2019年1月の時点で米国内で合計「4253件」となっている。

Google Assistant Actionsの成長率

レポートによると、Google Assistant Actionsの数はこの1年で2.5倍に増えている。

これは、同じ期間中にスキル数が2.2倍に増えたAmazon Alexaよりもわずかに速い成長だが、合計数がはるかに少ない数であるため単純比較は難しい。

人気スキル比較

それぞれのプラットフォームにおいて、どのカテゴリの音声スキル(アクション)が人気なのかの調査結果は次の通り。

GoogleとAmazonのトップ2が逆転している点がそれぞれのプラットフォームの特徴を表している。

Google Assistant Actions

①「教育」(15%)
②「ゲーム&ファン」(11%)
③「キッズ&ファミリー」(9%)

Amazon Alexa

①「Games&Trivia」(21%)
②「教育」(14%)

ナレッジベースに注力するGoogle

Googleはアシスタント自身の能力の大部分を強化しており、ユーザーの質問に答えるためにナレッジベースに大きく依存している。さらに、Googleの各種サービスとの連携も拡大しながらAmazonを追い上げようとしている。

以上、下記URLからの要約
https://techcrunch.com/2019/02/18/google-assistant-actions-up-2-5x-in-2018-to-reach-4253-in-the-u-s/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

文書を作る過程における情報(Slack/Teamsでのコメントなど)をどう管理、共有するべきか? ~新しい文書情報管理の考え方~

SMS認証の代替手段、より高セキュアな“電話発信認証サービスTELEO”とは? ~スマホによる多要素認証の比較と、SMS認証のリスク~

正社員・非正規社員の離職率を下げるためには? ~主観的な定性評価から、定量的なジョブ型評価への転換の重要性~

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter