【IoT】米国サンフランシスコ、スマートゴミ箱システムの取り組み---街を綺麗にするIoT

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】米国サンフランシスコ、スマートゴミ箱システムの取り組み---街を綺麗にするIoT

TOPICS 2019年2月28日 11:42

【IoT】米国サンフランシスコ、スマートゴミ箱システムの取り組み---街を綺麗にするIoT

米国サンフランシスコでは、今春から、1000個のゴミ箱にスマートセンサーを取り付ける取り組みを始める。

スマートゴミ箱

ゴミ箱に取り付けられたスマートセンサーは、ゴミ箱が満杯に近づいたことを検知して市に通知する。

ゴミ箱に取り付けられる光学センサーは、ゴミ箱内の活動のパターンを追跡し、そこから学習できるシステムの一部として機能する。

市はその情報を使用して、「ゴミ収集業者が対象のゴミ箱を空にするタイミング」を決定できる。

スマートゴミ箱システムの試行

2018年に、スマートゴミ箱システムの試行として、サンフランシスコのシックスストリートとマーケットストリートにあるゴミ箱にスマートセンサーを設置し、対象となった48のゴミ箱で3か月間のセンサーシステムのテストを行った。

その間に、市へのゴミ箱対処要請件数は4300件あった。その内訳として「自動システムからの通知が4161件」であり「公衆からの電話通知は139件のみ」であった。

スマートゴミ箱システムの拡張

2019年春から、スマートセンサーは市内の1000のゴミ箱に設置される。

これらのセンサーは、「ダウンタウン」「チャイナタウン」「ノースビーチ」など、サンフランシスコの主要な地域のほとんどに配置される予定となっている。

特に、チャイナタウンでは、一日に何度もゴミ箱が満杯になる傾向があるため、迅速に対応しやすくなると期待されている。

コスト

サンフランシスコ市と、IoT廃棄物ソリューションを展開する「Nordsense」との契約は「3年間で294,000ドル」となっている。

その半分近くがイニシャルコストで、ランニング年間コストは約50,000ドルとされている。

以上、下記URLからの要約
https://www.siliconvalley.com/2019/02/27/san-franciscos-trash-bins-get-smart/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

関連用語・タグ

ETL(イーティーエル)

  • 用語集

ETLとは「Extract」「Transform」「Load」の略で、さまざまな場所(販売管理システム/顧客管理システムなど)に別々に存在している雑種多様なデータを抽出し、利用しやすいようにデータを再編集した後に、データウェアハウス(DWH)のような情報倉庫に出力する処理を指す。

データマイニング(Data Mining)

  • 用語集

データマイニング(Data Mining)とは、収集した大量のデータセット(ビッグデータ)に対して、各種データ解析技法(統計学/パターン認識技術/AI技術など)を駆使することにより、そこに潜む「相関関係」「規則性」「傾向」などの「価値のある有用な知見」を見つけ出すための手法を意味する。

NoSQL(ノーエスキューエル)

  • 用語集

「NoSQL(ノーエスキューエル)」とは、膨大なデータ量を高速かつ動的に整理し分析する、非リレーショナルな分散データベースシステムである。スケーラビリティ、可用性、耐障害性において、従来のRDB(リレーショナルデータベース)を凌駕するデータベースとしてNoSQLが、注目を集めている。

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集

「主成分分析」とは、ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。ビッグデータ分析の現場などにおいて、多変量の情報をできるだけ損なわずに低次元空間に縮約する。多変量データを二次元や三次元データに縮約することで、データ全体の視覚化が可能となり、データのもつ情報を解釈しやすくなる。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter