【IoT】IoT天気予報サービス「ClimaCell」---IoT仮想気象ステーションから正確な予報を作成

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】IoT天気予報サービス「ClimaCell」---IoT仮想気象ステーションから正確な予報を作成

TOPICS 2019年3月19日 10:14

【IoT】IoT天気予報サービス「ClimaCell」---IoT仮想気象ステーションから正確な予報を作成

ボストンとテルアビブを拠点とするスタートアップである「ClimaCell」は、IoTなどのさまざまな方法で気候データを取得する方法により正確な天気予報情報を提供している。

https://www.climacell.co/

IoT天候観測

ClimaCellは、政府が所有するセンサーに頼る代わりとして、はるかに多くの場所からより多くの気象データを集めるためにIoTを使用する。

この種のセンシング技術は「携帯電話」「コネクテッドカー」「ストリートカメラ」「飛行機」「ドローン」など数百万の既存接続デバイスを仮想気象ステーションに変えることができる。

例えば「運転手がフロントガラスのワイパーやフォグランプをつけた場合、降雨もしくは霧である」ことが分かる。また、「街頭カメラが雨を捉えている場合、その地点では雨」となる。

マイクロ波天候観測

ClimaCellは、大気条件が携帯電話とその基地局間の信号伝搬に与える影響からデータを収集するための技術も開発した。

そして、さらに一歩進めるために、衛星から地上へのマイクロ波信号から同様のデータを集める方法を考え出した。

気象警報の提供

ClimaCellは、これらの気象データからモデルを構築し、洪水発生の危険性に先立って、24時間から48時間の範囲で警告を提供するサービスなどを提供している。

ClimaCellの主な顧客

ClimaCellは「航空会社」「エネルギー会社」「スポーツチーム」などの顧客にリアルタイムの気象データと予測を提供している。

今後の展開

現段階でのClimaCellのビジネスモデルの大部分は、気象データと気象予測を他のビジネスに販売することに焦点を当てているが、同社は5月にコンシューマーアプリを立ち上げる予定としている。

以上、下記URLからの要約
https://techcrunch.com/2019/03/18/climacell-bets-on-iot-for-better-weather-forecasts/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

【AI】Determined AIの「AI開発を民主化するためのソリューション」---既存ツールよりも5~50倍高速(2019年03月14日 11:39)

AI開発プロセスを「より速く」「より安く」「より効率的」にすることを目指しているスタートアップである「Determined AI」は1100万ドルの資金を調達した。

AI開発の課題

ディープラーニングでは、データサイエンティストがモデルを構築し、GPU搭載システムでそれらが機能するようになるまでテストを繰り返す...

関連用語・タグ

ウェアラブルデバイス(Wearable Device)

  • 用語集

ウェアラブルデバイスとは、手首/腕/頭など体の一部に装着して使用するコンピュータデバイスの総称を指す。

アソシエーション分析(Association Analytics)

  • 用語集

データ間の相関関係を発見する場合に用いられる、データマイニングの手法のひとつ。

多変量解析入門()

  • 用語集

複数の変数に関するデータをもとに、変数間の相互関連を分析する統計的技法の総称。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter