【AI】DefendryのAI防犯ソリューション「ART」---非顔認識での犯罪可能性検出

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】DefendryのAI防犯ソリューション「ART」---非顔認識での犯罪可能性検出

TOPICS 2019年4月4日 14:17

【AI】DefendryのAI防犯ソリューション「ART」---非顔認識での犯罪可能性検出

Deep Science AIは、Disrupt NY 2017のステージ上でデビューし、同社のコンピュータビジョンシステムがCCTV(防犯カメラモニタ)映像で銃やマスクを発見し、店やセキュリティプロバイダに差し迫った犯罪を警告する可能性があることをライブデモで示した。

非顔認識での検出

Deep Science AIの共同創設者Sean Huver氏は、Deep Science AIの犯罪可能性検知技術では『顔の分析やそれに類するものに依存していません』と説明している。

また、『我々は犯罪者やテロリストのリストを保存しておらず、彼らの顔をリストに合わせることを試みていません』と付け加えている。

Deep Science AIはDefendry傘下へ

Deep Science AIは、技術をより広く展開しようとしているDefendryとの友好的な合併で買収された。

https://defendry.com/

DefendryのAI防犯ソリューション「ART」

DefendryはAI防犯ソリューション「ART(Active Response Technology)」ソリューションを展開している。

ARTは、24時間365日、すべての防犯カメラを24時間365日見ることができる最先端のAIシステムで、アクティブな脅威を自動的に「検出」「検証」「対応」する。

ARTが「武器」「マスク」「侵入者」を検出した場合、その脅威が本物であるかどうかを確認するために、24時間365日体制の監視センターに警告を送って人間による即時確認を求める。

脅威が検証されると、ARTは即座に「法執行機関への通知提供」「大量の通知配信」「追跡可能なタスク割り当て」などの積極的な対応を開始する。

以上、下記URLからの要約
https://techcrunch.com/2019/03/25/deep-science-ai-joins-defendry-to-automatically-detect-crimes-on-camera/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

最新TOPICS

人工知能「ワトソン」の銀行など金融業界への導入事例(2017年02月27日 10:00)

金融業界において、人工知能の導入がより広がっている。米IBMが開発した人工知能「ワトソン」を導入して顧客満足度を上げる保険会社、業務効率化を目指す銀行などの各社の導入事例を紹介している。

関連用語・タグ

CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)

  • AI

「CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)」は対話型自動応答AIサービスで、主にチャットボットとしてエンドユーザーからの問い合わせに対応する機能を提供する。

Computer Vision(コンピュータビジョン)

  • AI

Computer Visionは、Azureが提供するクラウドベースのイメージ分析サービス。イメージを処理して情報を返す高度なアルゴリズムを利用できる。

AITalk声の職人クラウド版()

  • AI

AITalk声の職人クラウド版は音声合成クラウドサービス。Webブラウザ上でテキストを入力するだけで誰でも簡単に音声ファイルを作成できる。

コネクテッドカー(Connected Car)

  • 用語集

コネクテッドカー(Connected Car)とは、「ICT端末を搭載し、車両状態や周囲道路状況などのさまざまなデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積/分析することで、新たな価値を生み出す自動車」を意味する。

スマートスピーカー(Smart Speaker)

  • 用語集

スマートスピーカー(Smart Speaker)とは、対話型の音声操作に対応したAIアシスタント機能を持つワイヤレススピーカーを指す。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter