【IoT】スマートペイメントによる支払いが大幅に増加---セキュリティに対する懸念

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】スマートペイメントによる支払いが大幅に増加---セキュリティに対する懸念

TOPICS 2019年4月23日 12:07

【IoT】スマートペイメントによる支払いが大幅に増加---セキュリティに対する懸念

「スマートペイメント技術は大幅な成長を示している」が、「消費者にとっては重大なセキュリティ上の懸念が残っている」という報告がなされている。

スマートペイメント技術利用度調査

Transaction Network Services(TNS)は、「音声アシスタント」「Wi-Fi冷蔵庫」「コネクテッドカー」などIoTベースのデバイスでのスマートペイメント技術に関して、「米国」「英国」「オーストラリア」の消費者の経験およびその傾向について調査を実施し評価した。

報告によると、音声アシスタントを所有しており回答があった中で、「26%が支払いに使用している」「57%がコネクテッドカー経由で支払いをしている」「45%がWi-Fi冷蔵庫を食料品の支払いに使用している」という結果だった。

セキュリティに対する懸念

TNSのチーフプロダクトオフィサーであるBill Verson氏は『企業は強力なセキュリティプロトコルを実装し、これらの対策を消費者に伝えて懸念を軽減する必要がある』と述べている。

オランダのソフトウェア会社Gemaltoによる調査によると「調査対象となった企業の48%だけが自分のIoTデバイスのいずれかが侵害を受けているかどうかを検出できた」ことを明らかにしている。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2019/apr/17/smart-iot-device-payments-grow-substantially-security-concerns-remain/

最新TOPICS

【IoT】Berg Insightレポート、IoT市場での5G技術の本格的デビューは「2020年後半」と予測(2019年05月21日 10:36)

Berg Insightのレポートによると、IoT市場に5G技術が本格的にデビューする時期は「2020年後半」と予想している。

2019年に最初の5GセルラーIoTモジュールが開発者向けに提供

IoTアナリスト企業によると、2019年に最初の5GセルラーIoTモジュールが開発者向けに提供され、5G規格を中心とす...

関連用語・タグ

ロボット(Robot)

ロボット(Robot)は、人の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置もしくは機械のことで、人間をはじめとする動物の動きを基本に動作する。「産業用ロボット」「サービスロボット」「アミューズメントロボット」「コンピュータプログラム」などに大別される。

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform(フジツウクラウドサービスK5IoTプラットフォーム)

  • IoT

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform(フジツウクラウドサービスK5IoTプラットフォーム)は、IoTデータ活用基盤サービス。

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)

  • IoT

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)は、Google Cloud PlatformのIoTフルマネージドサービス。端末管理機能とデータ取り込み機能を中心とした統合管理機能を提供する。

SIGFOX(シグフォックス)

  • 用語集

「SIGFOX」(シグフォックス)とは、LPWA技術を利用したグローバルIoTネットワーク。「低価格」「低消費電力」「長距離伝送」を特長としている。

NB-IoT(Narrow Band-IoT)

  • 用語集

LPWA性能を持ったLTEの規格。IoTで使うことを前提に、既存のLTEを拡張し、LTEより簡単に低速と低電力化を実現する。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter