【Drone】Amazon、ドローンによる荷物配送実施を数ヶ月以内に計画中

Analytics News(アナリティクスニュース)

【Drone】Amazon、ドローンによる荷物配送実施を数ヶ月以内に計画中

TOPICS 2019年6月11日 12:33

【Drone】Amazon、ドローンによる荷物配送実施を数ヶ月以内に計画中

Amazonは、ラスベガスで開催された「Re:MARS」カンファレンスで、「今後数ヶ月以内にドローンを使用して顧客に荷物を配送する」と発表した。

ドローンの運搬性能

Amazonの最新ドローン機には6つのローターがあり、「2.3kg以下の荷物を運搬できる」「半径15マイル以内に配送できる」という能力がある。

ドローンの自律航行機能

Amazonの最新ドローン機は、接続性が失われた場合でも、「視覚センサー」「熱センサー」「超音波センサー」の組み合わせを使用して周囲の状況を理解する。

AmazonのエグゼクティブであるJeff Wilke氏は、『ドローンの飛行環境が変化した場合でも独立して安全に航行できます。また、無人機に対して物体と接触するように命じた場合には、無人機は拒絶します。』としている。

住宅街航行の課題

Jeff Wilke氏は『人々の庭に着陸するドローンにとって大きな課題となるのは、電話線や物干し用ロープなどのワイヤーの存在です』と説明している。

ドローンは、VTOL(垂直離着陸)対応で、昇降時のワイヤを避けるためにAIを使用する。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2019/jun/06/amazon-plans-drone-deliveries-months/

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

「AI自動翻訳による生産性向上と働き方改革」~企業において、AI自動翻訳はどこまで使えるのか?~

ようやく仮想通貨以外でも普及してきた、ブロックチェーンの国内事例解説 ~Amazonベストセラー1位『WHY BLOCKCHAIN』の著者、坪井大輔氏が登壇~

巣ごもり消費で不正も急増。EC事業者が知っておきたい手口と対策

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter