【Drone】グレートバリアリーフの危機的状況検証に活用されるドローン技術

Analytics News(アナリティクスニュース)

【Drone】グレートバリアリーフの危機的状況検証に活用されるドローン技術

TOPICS 2019年6月27日 10:38

【Drone】グレートバリアリーフの危機的状況検証に活用されるドローン技術

グレートバリアリーフの危機的状況

オーストラリア北東部にあるグレートバリアリーフは世界最大のサンゴ礁地帯であり、世界で最も多様な生態系があると言われている。

海水温が上昇し続けるにつれて、サンゴ礁のサンゴは急速に悪化し、全体のサンゴの半分はすでに死んでいるとされている。

ドローンよる検証

クイーンズランド工科大学のFelipe Gonzalez氏が率いるチームは、ハイパースペクトルカメラを通してデータをキャプチャするドローンを開発した。

ハイパースペクトルカメラは、人間が見ることができる視覚スペクトルを超えた電磁スペクトル全体から情報を収集して処理する。

収集したデータは、オーストラリア海洋科学研究所(AIMS)と協力して検証されている。

クラウドAIの利用により処理高速化

データ処理には多くの時間がかかるため、以前は3〜4週間かかっていたが、MicrosoftのクラウドAIツールを使用することで2〜3日で完了できるようになった。

第2ラウンド

チームは9月にドローン飛行の第2ラウンドを始める。

『我々はAIMSが変化を監視するためにすでに研究している4つのサンゴ礁に戻ることを目指している、そして、監視を新しいサンゴ礁に拡張する』としている。

以上、下記URLからの要約
https://www.techrepublic.com/article/how-ai-and-drones-are-trying-to-save-the-great-barrier-reef/

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

セミナー講演資料公開中

多数クラウドサービスを新規契約、ユーザーIDの管理は人事異動や監査に対応できますか? ~ID管理マネージドサービス「Keyspider」の紹介~

With/Afterコロナ時代のIT体制を考える 〜リモートワークへの対応は、IT体制の拡充&効率化の入口〜

テレワークで社内Webシステム接続のセキュリティを確保する方法 IDaaSと社内Webシステムとを認証連携する方法も/Powered BLUEやトラスト・ログインの紹介

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter