【Drone】グレートバリアリーフの危機的状況検証に活用されるドローン技術

Analytics News(アナリティクスニュース)

【Drone】グレートバリアリーフの危機的状況検証に活用されるドローン技術

TOPICS 2019年6月27日 10:38

【Drone】グレートバリアリーフの危機的状況検証に活用されるドローン技術

グレートバリアリーフの危機的状況

オーストラリア北東部にあるグレートバリアリーフは世界最大のサンゴ礁地帯であり、世界で最も多様な生態系があると言われている。

海水温が上昇し続けるにつれて、サンゴ礁のサンゴは急速に悪化し、全体のサンゴの半分はすでに死んでいるとされている。

ドローンよる検証

クイーンズランド工科大学のFelipe Gonzalez氏が率いるチームは、ハイパースペクトルカメラを通してデータをキャプチャするドローンを開発した。

ハイパースペクトルカメラは、人間が見ることができる視覚スペクトルを超えた電磁スペクトル全体から情報を収集して処理する。

収集したデータは、オーストラリア海洋科学研究所(AIMS)と協力して検証されている。

クラウドAIの利用により処理高速化

データ処理には多くの時間がかかるため、以前は3〜4週間かかっていたが、MicrosoftのクラウドAIツールを使用することで2〜3日で完了できるようになった。

第2ラウンド

チームは9月にドローン飛行の第2ラウンドを始める。

『我々はAIMSが変化を監視するためにすでに研究している4つのサンゴ礁に戻ることを目指している、そして、監視を新しいサンゴ礁に拡張する』としている。

以上、下記URLからの要約
https://www.techrepublic.com/article/how-ai-and-drones-are-trying-to-save-the-great-barrier-reef/

最新TOPICS

【IoT】「衛星経由IoT」は成長の大きなチャンス---Amazonは3000機以上の衛星を打ち上げを計画(2019年07月16日 10:45)

ABI Researchのレポート「IoTの衛星:IoT投資の新しい波のための新しい衛星ネットワーク」によると、「2024年までに衛星経由で2400万のIoT接続が確立されシームレスなグローバル接続が実現する」と予測している。 衛星経由IoTは成長の大きなチャンス ABI Researchのリサーチアナリストで...

関連用語・タグ

AWS IoT Greengrass(エーダブリューエスアイオーティーグリーングラス)

  • IoT

AWS IoT Greengrassは、エッジデバイス上でAWS Lambdaコードを実行可能なIoTソリューションを構築できるサービス。

画像認識(Image Recognition)

  • 用語集

「画像認識(Image Recognition)」とは、パターン認識技術の一種であり、画像データから、オブジェクト(文字/顔など)や、対象物の特徴(形状、寸法、数、明暗、色など)を抽出/分析/識別して認識検出する手法。

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)

  • IoT

Azure IoT Central(アジュールアイオーティーセントラル)は、Azureが提供するフルマネージドIoT SaaSソリューション。

SIGFOX(シグフォックス)

  • 用語集

「SIGFOX」(シグフォックス)とは、LPWA技術を利用したグローバルIoTネットワーク。「低価格」「低消費電力」「長距離伝送」を特長としている。

音声認識(speech recognition)

  • 用語集

「音声認識(Speech Recognition)」とは、人の音声(会話)をコンピュータに認識させることで、「話し言葉をテキストデータに変換」あるいは「音声の特徴を捉えて声を出している人を識別」などを行う機能を指す。

  • KSKサイド001

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter