【AI】ワイン造りをサポートする人工知能---ワインを飲む人の25%以上がAIソムリエアプリを活用

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】ワイン造りをサポートする人工知能---ワインを飲む人の25%以上がAIソムリエアプリを活用

TOPICS 2019年7月4日 12:10

【AI】ワイン造りをサポートする人工知能---ワインを飲む人の25%以上がAIソムリエアプリを活用

第4産業革命により、「ぶどう畑での土壌分析」から「夕食にふさわしいヴィンテージの選択」に至るまで、人工知能がワイン製造のすべてに関わってきている。

ブドウ畑

すでに多くのブドウ畑で「AIコントロールによる作業機械類」「ブドウの水需要と土壌状態の評価に役立つセンサー」など、人工知能が利用されている。

監視ドローンはブドウの木の上を飛んで、熱赤外線カメラで「どのブドウの木が水を必要としているか」や「病気や害虫による被害を受けているか」などについて正確に識別できる。

オーストラリアにおいては、AIソフトウェア「GAIA(Geospatial Artificial Intelligence for Agriculture)」と衛星画像ライブラリを使用して、国内のすべてのブドウ園をプロットし、収集したデータをディープニューラルネットワークに送り「作物の状態」「果物の品質」「ブドウ畑の分類」などを監視している。

ワイン生産

人工知能はワイン生産をより合理的かつ効率的にするために役立っている。

人工知能は、既存ワインメーカーが世界の気候変動に対して適応する方法についてサポートしている。

仮想ソムリエ

人工知能はすでにワイン提案をするための仮想ソムリエとして使用されている。

実際、ワインを飲む人の25%以上がワインのアプリを使って購入するワインを決定しているというデータもある。

以上、下記URLからの要約
https://www.forbes.com/sites/bernardmarr/2019/07/03/the-incredible-ways-the-4th-industrial-revolution-and-ai-are-changing-winemaking/

最新TOPICS

【AI】企業がCRMプロセスにエンタープライズAIを組み込む場合のポイント5点(2019年07月11日 10:55)

企業がCRMプロセスにエンタープライズAIを組み込む場合のポイントについて紹介。 ポイント①:既存CRMデータの整理 企業に蓄積されている(数十年分に及ぶかもしれない)膨大なCRMデータを活用したい場合は、データ品質を向上させるための事前準備が必要となる。

関連用語・タグ

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

Karakuri(カラクリ)

  • AI

Karakuri(カラクリ)は、カスタマーサポート特化型チャットボットサービス。正答率95%保証する非常に高い精度で解答できることを特徴としている。

CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)

  • AI

「CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)」は対話型自動応答AIサービスで、主にチャットボットとしてエンドユーザーからの問い合わせに対応する機能を提供する。

OPTiM AI Store(オプティムエーアイストア)

  • AI

OPTiM AI Storeは、オプティムが提供する小売店舗省人化AIサービス。

Zinrai(ジンライ)

  • AI

Zinraiとは、富士通が提供するAIプラットフォームサービスで、多様なAI機能やディープラーニング機能を利用できる。

  • KSKサイド001

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter