【AI】IoT成長を推進するAI---スマートホーム、公益事業、電気通信

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】IoT成長を推進するAI---スマートホーム、公益事業、電気通信

TOPICS 2019年7月9日 10:16

【AI】IoT成長を推進するAI---スマートホーム、公益事業、電気通信

Gartnerの調査によると『2022年までにエンタープライズIoTプロジェクトの80%以上がAIコンポーネントを持つようになる』と予測している。

AIはどのようにIoTで使用されるのかについて紹介。

スマートホーム

すでに、AIが自然言語処理(NLP)の形でAlexaやGoogle Assistantのような音声アシスタントで使われている。

Vivint Skyは、家の中のマクロな行動を追跡し、その中のスマートホームデバイスを正確に管理および制御するシステムを開発している。

コンテキスト認識型IoTネットワークの中心にセンサーがあるため「長寿命バッテリー」「広域通信範囲」「高い処理能力」「ネットワークセキュリティ」を向上させるためのワイヤレス標準が必要とされている。

公益事業

世界における公益事業は、大量のデータを分析して活用するために「需要応答とグリッド管理の両方のバックエンド」と「顧客の使用量と需要の両方のフロントエンド」でAIを実装している。

公益事業者やエネルギープロバイダーは、人工知能によって需要の急上昇や使用パターンを特定し、顧客行動や変化する天気パターンや気候モデルなどの要因に基づいて予測できる。

電気通信

IDCの報告書では『2020年までに世界の通信業界のIoT市場は42%以上のCAGR(年平均成長率)を記録するだろう』と予測されている。

各企業などはインフラストラクチャを改善するためAIシステムに投資している。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2019/jul/02/how-artificial-intelligence-driving-iot-growth-across-utilities-telecoms-and-more/

最新TOPICS

【AI】企業がCRMプロセスにエンタープライズAIを組み込む場合のポイント5点(2019年07月11日 10:55)

企業がCRMプロセスにエンタープライズAIを組み込む場合のポイントについて紹介。 ポイント①:既存CRMデータの整理 企業に蓄積されている(数十年分に及ぶかもしれない)膨大なCRMデータを活用したい場合は、データ品質を向上させるための事前準備が必要となる。

関連用語・タグ

Karakuri(カラクリ)

  • AI

Karakuri(カラクリ)は、カスタマーサポート特化型チャットボットサービス。正答率95%保証する非常に高い精度で解答できることを特徴としている。

goo AI xDesign(グー・エーアイ・クロスデザイン)

  • AI

「goo AI xDesign」は、NTTレゾナントが提供するチャットボットAIサービスセミオーダーソリューション。

CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)

  • AI

「CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)」は対話型自動応答AIサービスで、主にチャットボットとしてエンドユーザーからの問い合わせに対応する機能を提供する。

CylancePROTECT(サイランスプロテクト)

  • AI

CylancePROTECT(サイランスプロテクト)は、人工知能を活用した次世代型のセキュリティソリューション。実行前マルウェア判定など高度な機能を備えている。

スマートスピーカー(Smart Speaker)

  • 用語集

スマートスピーカー(Smart Speaker)とは、対話型の音声操作に対応したAIアシスタント機能を持つワイヤレススピーカーを指す。

  • KSKサイド001

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter