【Botnet】セキュリティ企業「Avast」×フランス国防総省---マルウェア「Retadup」デバイスボットネット壊滅作戦を実行

Analytics News(アナリティクスニュース)

【Botnet】セキュリティ企業「Avast」×フランス国防総省---マルウェア「Retadup」デバイスボットネット壊滅作戦を実行

TOPICS 2019年9月3日 13:47

【Botnet】セキュリティ企業「Avast」×フランス国防総省---マルウェア「Retadup」デバイスボットネット壊滅作戦を実行

セキュリティ企業「Avast」はフランス国防総省と協力して、100万台近くのデバイスボットネットを自己破壊させた。

Avastが追跡していたマルウェア「Retadup」

Avastは以前から「Retadup」と呼ばれるマルウェアを追跡していた。

このマルウェアはWindowsマシンに影響を及ぼし、米国/ロシア/中南米を含む世界中に拡大していた。

Retadupは暗号通貨のマイニングを通じてお金を稼ぐように設計されていたが、デバイススパイや身代金要求などの攻撃に使用された可能性もある。

ボットネットサーバに欠陥を発見

Avastは、ボットネットのコマンドアンドコントロールサーバに設計上の欠陥を発見した。

この欠陥により、Avastはコードをプッシュすることなく、被害者のデバイスから感染を除去できることを確認できた。

「Avast」×「フランス国防総省」によるデバイスボットネット壊滅作戦

Avastは一般企業であるため、発見された欠陥を使用してボットネットを停止する法的権限を有していない。

マルウェア「Retadup」のインフラストラクチャの大部分がフランスにあったため、Avastは、フランス国防総省のサイバー犯罪対策センターに連絡した。

フランス当局は、Avastが提案した「悪意のあるコマンドアンドコントロールサーバを駆除サーバに置き換える作業」を進めることに同意した。

結果として、100万台近くのデバイスが感染していたデバイスボットネットを自己破壊できた。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2019/sep/02/police-team-avast-device-botnet-self-destruct/

最新TOPICS

【IoT】パリ市、公園に設置するベンチなどの公共インフラをIoT化---都市整備へ活用(2019年09月17日 16:08)

パリ市では、公園や地下鉄駅に、Bluetoothに対応しリアルタイムデータを送信できる3000個の「スマートベンチ」や「その他の都市設備」を設置し、これらのリアルタイムデータを都市整備に活用しようとしている。 「Nodle.io」によるサポート パリ市は、米国に拠点を置くIoTおよび接続ネットワークプロバイダ「...

関連用語・タグ

音声認識(speech recognition)

  • 用語集

「音声認識(Speech Recognition)」とは、人の音声(会話)をコンピュータに認識させることで、「話し言葉をテキストデータに変換」あるいは「音声の特徴を捉えて声を出している人を識別」などを行う機能を指す。

AWS IoT Greengrass(エーダブリューエスアイオーティーグリーングラス)

  • IoT

AWS IoT Greengrassは、エッジデバイス上でAWS Lambdaコードを実行可能なIoTソリューションを構築できるサービス。

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)

  • IoT

Cloud IoT Core(クラウドアイオーティコア)は、Google Cloud PlatformのIoTフルマネージドサービス。端末管理機能とデータ取り込み機能を中心とした統合管理機能を提供する。

画像認識(Image Recognition)

  • 用語集

「画像認識(Image Recognition)」とは、パターン認識技術の一種であり、画像データから、オブジェクト(文字/顔など)や、対象物の特徴(形状、寸法、数、明暗、色など)を抽出/分析/識別して認識検出する手法。

ロボット(Robot)

ロボット(Robot)は、人の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置もしくは機械のことで、人間をはじめとする動物の動きを基本に動作する。「産業用ロボット」「サービスロボット」「アミューズメントロボット」「コンピュータプログラム」などに大別される。

  • KSKサイド001

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter