【IoT】パリ市、公園に設置するベンチなどの公共インフラをIoT化---都市整備へ活用

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】パリ市、公園に設置するベンチなどの公共インフラをIoT化---都市整備へ活用

TOPICS 2019年9月17日 16:08

【IoT】パリ市、公園に設置するベンチなどの公共インフラをIoT化---都市整備へ活用

パリ市では、公園や地下鉄駅に、Bluetoothに対応しリアルタイムデータを送信できる3000個の「スマートベンチ」や「その他の都市設備」を設置し、これらのリアルタイムデータを都市整備に活用しようとしている。

「Nodle.io」によるサポート

パリ市は、米国に拠点を置くIoTおよび接続ネットワークプロバイダ「Nodle.io」と共同でプロジェクトを実行および監督する。

Nodleは、パリ周辺の68の地下鉄駅でスマートベンチと公共インフラストラクチャを設計および構築するために、建設会社Groupe SaintLéonardからアプローチを受けた。

NodleネットワークはMetroの地下でシームレスに機能し、CellularやSigfoxなどの代替ソリューションよりもハードウェアと運用コストを削減できる。

都市整備に活用

この新しいネットワークにより、市職員と市民の両方が、モバイルアプリケーションを介して、Bluetooth対応の都市インフラと対話できる。

市職員はスマートベンチとのやり取りにより、「場所」「使用頻度」などのリアルタイムデータを分析してピーク時間を検出することで、都市の設計に合わせて調整できる。

以上、下記URLからの要約
https://www.iottechnews.com/news/2019/sep/12/paris-install-bluetooth-powered-public-furniture-across-city-nodle-partnership/

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

Amazon WorkSpaces で解決する、テレワークのセキュリティ問題 ~テレワーク手法の比較/VPN/RDS(リモートデスクトップ)/VDI(デスクトップ仮想化)~

DX時代のデータ活用とは? DataOpsを知り、メタデータ管理をはじめよう!

マルチクラウドで高まる、暗号鍵漏洩の危険性

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter