【AI】GoogleのDeepMindが実施したAIシステム実現のための6ステップ---エネルギー消費30%削減に成功

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】GoogleのDeepMindが実施したAIシステム実現のための6ステップ---エネルギー消費30%削減に成功

TOPICS 2019年9月19日 11:38

【AI】GoogleのDeepMindが実施したAIシステム実現のための6ステップ---エネルギー消費30%削減に成功

概要

GoogleのDeepMindは、以下に概説する6つのステップを実施することで、エネルギー消費を30%削減するAIシステムを実現した。

効率的なAIシステムを実現するための6ステップ

ステップ①:目標定義

まず「達成したい目標」を定義する。複数の目標を同時に実現するために、バランスを取ることが必要となるケースもある。

DeepMindの場合「サーバを安全な動作温度に保つ」および「Googleデータセンターの冷却に必要なエネルギーを最小限に抑える」という2つの目標が定義された。

ステップ②:改善可能部分を定義

AIを使用してシステムのどの部分を改善できるのかを定義する。

ステップ③:システムを安全に保つ

システムの安全性を確保するために必要な動作境界を理解することが重要となる。

これらの制約は「個々のコンポーネントレベル」と「システム全体レベル」の両方で定義する必要がある。

ステップ④:データ監査

「データキャプチャタイミング」「データレイテンシ」「メンテナンスおよび変更ログ」などを確認する。

ステップ⑤:データクリーニング

データ履歴にさまざまなアクションのセットがあることを確認し、不良データを特定して修正する。

ステップ⑥:継続的なデータメンテナンス

定期的および定量的なチェックを設定して、継続的なデータのクリーン性を確保する。

以上、下記URLからの要約
https://www.informationweek.com/big-data/ai-machine-learning/cios-heres-how-google-is-approaching-ai/a/d-id/1335700

関連用語・タグ

CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)

  • AI

「CAIWA Service Viii(カイワサービスヴィー)」は対話型自動応答AIサービスで、主にチャットボットとしてエンドユーザーからの問い合わせに対応する機能を提供する。

自動運転車(Autonomous Car)

  • 用語集

自動運転車は、電子制御と自動運転装置を使用して、人間の手を介さずに出発地から目的地まで走行できる機能を有する。車両に搭載されたレーダー/カメラなどのセンサー類と、GPS(全地球測位システム)などを利用して、周囲の状況を把握して車両の走行制御を行う。

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation)

  • 用語集

「デジタルトランスフォーメーション」(DX:Digital transformation)とは、「AIやIoTなどのICTを用いてビジネスや社会システムの基盤についてデジタルを前提とした仕組みに作り替える取り組み」を意味する。「ITの浸透により、企業/産業の事業活動や都市運営などを変革し、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」などの概念である。

OPTiM AI Store(オプティムエーアイストア)

  • AI

OPTiM AI Storeは、オプティムが提供する小売店舗省人化AIサービス。

ABEJA Platform(アベジャプラットフォーム)

  • AI

ABEJA Platform(アベジャプラットフォーム)は、AI継続的インテグレーションに必要となる一連のパイプラインを一貫して実装可能なプラットフォーム。

  • KSKサイド001

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter