【IoT】IoTデバイス増加による6つの運用上の課題

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】IoTデバイス増加による6つの運用上の課題

TOPICS 2020年3月30日 11:05

【IoT】IoTデバイス増加による6つの運用上の課題

多くのIoTデバイスが相互接続することによる誤動作問題が懸念されている。6つのIoT運用上の課題について紹介している。

①複雑な構成

エッジにはAPIを介してパーソナライズおよび接続された多くの詳細な構成があるが、これらは多くの場合、手動による「設定」「構成」「介入」を必要としている。

②ネットワーク制限

大規模なエッジネットワーク実装がない場合、着信ワークロードがデバイスを圧倒する可能性がある。

ネットワーク制限により、大規模なパフォーマンス問題が発生し、高密度のIoTデバイスネットワークの輻輳を増加させる危険性もある。

③ワークロード問題

ネットワークの制限と帯域幅の制約は増加しており、デバイス増加による負荷も拡大する。

固有の要件を持つワークロードに新しい帯域幅とQoSをプロビジョニングする必要があるため、実装にコストがかかる。

④環境要因

IoTデバイスが配置されている物理環境には「高湿度」「極端な温度」「テストされていない地形」などが含まれる場合がある。

人間の介入なしで、問題を自律的に「防止」「検出」「修正」できるように準備する必要がある。

⑤統合の問題

多くのデバイスは独自のソフトウェアを必要とするが、標準の「IoTゲートウェイ」「ハブ」「ルーター」「プロトコル」などと必ずしも統合されない場合がある。

⑥断片化されたサービスとサポート

企業のIT部門が、数千のデバイスをサポートする場合、定期的に届く数百万のアラートに圧倒され、問題の「検出」「予測」「修正」がさらに困難になっている。

以上、下記URLからの要約
https://www.forbes.com/sites/forbestechcouncil/2020/03/27/six-operational-challenges-that-come-with-iot/

最新TOPICS

【講演資料を公開】12/20【OSSのプロジェクト管理「Redmine」ベースにガントチャートなど必要機能を包括提供する「Easy Redmine」とは ~OSS版との違いと、ガントチャート、グラフなどによる可視化、ワークフローなど機能の紹介~ 】(2020年01月19日 18:15)

2019/12/20(金)15:30~TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター カンファレンスルーム208にて 「OSSのプロジェクト管理「Redmine」ベースにガントチャートなど必要機能を包括提供する「Easy Redmine」とは ~OSS版との違いと、ガントチャート、グラフなどによる可視化、ワークフローなど機能の紹介~ 」 と題したセミナーが開催されました。 当日は、寒空のなか掲...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

RPA(Robotic Process Automation)とは()

  • 用語集

「RPA(Robotic Process Automation)」とは、「ホワイトカラー業務の自動化/効率化を行う取り組み」を意味する。主に、バックオフィスにおけるホワイトカラー業務(人が端末上で行う定型作業)について代行やサポートを行う機能を提供する。

セミナー講演資料公開中

AWSの運用に関するベストプラクティス ~アプリケーションエンジニアの開発時間を確保するために~

ひとり情シス(又は中小・中堅企業)のための、現実的なリフト&シフト戦略について

業務効率化を実現するためのポイントとコツを徹底解説! ~RPAだけじゃないツール選択と組み合わせ Robochestration~

  • KSKサイド001

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter