【AI】AIをマーケティングに活用する場合の3つの主要な側面---①オートメーション、②意思決定、③最適化

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】AIをマーケティングに活用する場合の3つの主要な側面---①オートメーション、②意思決定、③最適化

TOPICS 2020年7月15日 10:58

【AI】AIをマーケティングに活用する場合の3つの主要な側面---①オートメーション、②意思決定、③最適化

AIをマーケティングに活用する場合、「AIをどのように?いつ?どの程度?」活用できるのかについて、3つの主要な側面を紹介。

①AIとオートメーション

AIを使用すると「動的クリエイティブテンプレート」「製品」「メッセージ」「場所」「行動を促すフレーズ」「背景」などのすべての潜在的な組み合わせを含む大規模なフィードを使用して、広告エクスペリエンスとメッセージングの生産を大規模で迅速かつコスト効率よく合理化できる。

すべてのコンポーネントは完全に動的であり、リアルタイムで視聴者ごとにカスタマイズおよびパーソナライズできる。

②AIによる意思決定

AIはマーケティングにおいて、「誰に?」「何を?」「いつ?」「どのように?」表示するかをリアルタイムで決定する上で大きな役割を果たす。

意思決定では、「時刻」「気象条件」「場所」「言語」「その他のパラメータ」など、ユーザーの「好み」「動作」に影響を与えるさまざまな状況データ信号が混在する。

高度なマーケティングチームは、戦略レベルで時間と帯域幅を投資し、より戦術的な実行のためにAIを利用している。

③AIによる最適化

多くのマーケティング担当者にとって「AIは人間を置き換える脅威」と認識されることもあったが、「AIは、個の人間の能力限界突破、各種リソース節約、時間節約のために利用できるスマートで強力な拡張機能」と捉えることができる。

AIは、人間の創造性には及ばず、事実に依存しているが、大規模データから洞察を導き出し、仮説や戦略のベース情報を作成できる。

以上、下記URLからの要約
https://www.clickz.com/artificial-intelligence-ai-in-marketing/262224/

最新TOPICS

【AI】Adobe、マーケティング担当者向けAIサービス「Adobe Intelligent Services」を発表---Adobe Experience Platform上の5つのインテリジェントサービス(2020年05月15日 11:28)

Adobeは「Adobe Experience Platform」のデータを活用するためのインテリジェントサービス「Adobe Intelligent Services」を発表した。 「Adobe Experience Platform」とは 「Adobe Experience Platform」は、すべてのデ...

関連用語・タグ

マーケティング()

マーケティングとは「自社の商品(サービス)が良く売れる仕組みを作り出す活動」を意味する。マーケティング活動として「顧客理解」「商品開発」「販売促進戦略(広告宣伝)」「効果検証」までの一連のプロセスについて統合的に計画して管理実行を行う。

無料資料プレゼント

新型コロナウイルス感染症渦の顧客エンゲージメント構築における戦略

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

全員テレワーク時代のマーケティングを考える ~Webセミナーからの動画活用と訪問しないメール営業のはじめ方~

分散した社内のマニュアルを、話し言葉で横断検索する ~テレワークをスムースに行うために、膨大なマニュアルの必要な個所に素早くアクセス~

SAP S/4 HANAコンバージョンのリスクと影響分析の重要性

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter