【IoT】AT&T×Microsoft、Azure Sphere統合IoTソリューションの提供開始---包括的IoTセキュリティ

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】AT&T×Microsoft、Azure Sphere統合IoTソリューションの提供開始---包括的IoTセキュリティ

TOPICS 2020年9月23日 09:38

【IoT】AT&T×Microsoft、Azure Sphere統合IoTソリューションの提供開始---包括的IoTセキュリティ

AT&TとMicrosoftは、世界中の企業が高度に安全なネットワーク接続を使用してマシンやデバイスをクラウドにシームレス接続できるようにするために提携した。

Azure Sphere統合IoTソリューション

取り組みの一環として、AT&TはMicrosoftと協力して、Azure Sphereと統合されたIoTソリューションを提供している。

このソリューションは、大規模IoTデプロイメントを介して企業の迅速業務変革をサポートする。

包括的IoTセキュリティ

この新しいソリューションは、「Azure Sphereの安全なIoTセキュリティソリューション」「Azure IoTサービス」「AT&Tコアネットワークグローバル多層セキュリティ」を組み合わせて構築されている。

IoTデバイスを箱から出してすぐに高速で安全性の高いアクティベーションを実施でき、クラウドやAzure IoT Centralに簡単に接続できる。

「AT&Tセルラーネットワーク」と「Azure Sphereデバイス」の両方を組み合わせたセキュリティにより、さまざまな業界でIoTアプリケーションを迅速に展開できる。

AT&TグローバルSIMは、500の通信事業者により200か国以上で接続が可能となっている。

エンドツーエンドセキュリティ

日常の運用をサポートするマネージドサービスは、マシンや機器をクラウドに接続するためのエンドツーエンドのソリューションを提供し、パブリックインターネット接続を回避できる。

以上、下記URLからの要約
https://news.microsoft.com/2020/09/22/att-and-microsoft-to-streamline-cloud-connectivity-for-iot-devices-worldwide/

最新TOPICS

【IoT】Microsoft、IoTデバイス向けSaaSプラットフォーム「Azure Sphere」の一般提供開始(2020年02月25日 11:32)

Azure Sphereとは Azure Sphereとは、高レベルのIoTデバイス向けSaaSプラットフォームであり、「組み込み通信機能」や「統合セキュリティ機能」を提供する。 セキュリティで保護されたシリコンチップを中心に構築された統合ハードウェアで構成されている。 LinuxベースカスタムOS...

関連用語・タグ

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集

「主成分分析」とは、ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。ビッグデータ分析の現場などにおいて、多変量の情報をできるだけ損なわずに低次元空間に縮約する。多変量データを二次元や三次元データに縮約することで、データ全体の視覚化が可能となり、データのもつ情報を解釈しやすくなる。

RFM分析()

  • 用語集

「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

スマートシティ(Smart City)

  • 用語集

スマートシティとは、「ICTやIoTなどの先端技術を用いて、基礎インフラと生活インフラサービスを効率的に管理/運営し、環境に配慮しながら人々の生活の質を高め、継続的な経済発展を目的とした新しい都市」を指す。街全体の電力エネルギーの有効利用を図り、生活インフラなどを無駄なく効率的に管理できるもので、省資源化を徹底した環境配慮型都市もしくは地域を目指す。

判別分析法()

  • 用語集

データを異なるグループに分ける際に、まだ分類されていない新しいデータがどちらのグループに入るのかを判別するための基準を得るための分類の手法。

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

テレワーク環境における、クラウドID管理とネットワークセキュリティを改めて考える ~ニューノーマルで加速するDX推進、働き方改革について~

今改めて考える、社内ネットワークからAWSへの接続方法 ~閉域接続サービスはどう選ぶべきか、AzureやOracleなどマルチクラウドの接続は?~

加速するOracle Cloudの可能性 ~専用線接続によるセキュリティ、ネットワーク障害、遅延リスク障害、遅延リスクの解決法~

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter