【AI】2021年の人工知能(AI) TOP10トレンド

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】2021年の人工知能(AI) TOP10トレンド

TOPICS 2020年12月15日 11:23

【AI】2021年の人工知能(AI) TOP10トレンド

ITリーダーが監視する必要がある「2021年に予想されるAIの傾向」として10項目が提示されている。

その中から抜粋して5項目を紹介。

①AI人材ギャップに対処するための「AI民主化」

企業は永続的なAI人材ギャップに対処するためにAIを民主化することの重要性を認識し始めている。

AIの民主化を成功させるには、分散型ガバナンスモデルによってサポートされる「データ」「テクノロジー」「学習戦略」の重要な側面に焦点を当てる必要がある。

②AIは自主的なITを促進

2021年には、一般的なIT問題を独自に検出して修正可能な多くのAIソリューションが登場する。

③AIは非構造化データを構造化

「AIを使用して非構造化データを理解する」という複雑なタスクが可能となってくる。

④ITはAIをより大規模に推進

2021年には、組織がAIモデルとMLモデルを実行することのメリットを理解し始めることが予想される。

AIの利点の1つである「リアルタイムROI達成」により、多くの組織がAIの取り組みが成果を上げ始めた年になる可能性がある。

⑤より多くのAIが説明可能になる

特性やデータポイントがモデル最終予測にどのように寄与するかを素人に説明できるようになる。

ますます多くのデータ規制が表面化するにつれて、AIの信頼は極めて重要になる。

以上、下記URLからの要約
https://enterprisersproject.com/article/2020/12/artificial-intelligence-ai-top-trends-2021

最新TOPICS

【AI】日本が誇る10億ドル規模AIユニコーン「Preferred Networks」---Green500で世界1位を獲得(2021年06月18日 11:12)

「Preferred Networks」とは Preferred Networksは、新しいタイプのDNAシーケンシングアプローチのバックボーンとして量子力学を使用することに焦点を当てた日本企業。 「日立」「トヨタ」「中外製薬」「東京エレクトロン」を含む日本の大手企業から多くの投資を受けており、10億ドル規模のAI...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

「教師データ不要」のAIチャットボット ~すぐに導入でき、運用負荷も大幅軽減~

マイクロソフトが「HoloLens」で目指す未来と、現在 【IT最新動向ぶっちゃけトーク】ホロラボCEO 中村薫 氏×マジセミCEO 寺田雄一

【製造業向け】スマートグラスの米国最先端ソリューションおよびAI活用ソリューション紹介

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter