【IoT】IoT技術の省エネ予測---電力消費20%削減、水節約、CO2排出量削減

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT】IoT技術の省エネ予測---電力消費20%削減、水節約、CO2排出量削減

TOPICS 2021年5月14日 14:51

【IoT】IoT技術の省エネ予測---電力消費20%削減、水節約、CO2排出量削減

「Transforma Insights」および「6GWorld」のレポートによると、IoTテクノロジーは2030年時点で、「電力消費20%削減」「2300億立方メートルの水を節約」「CO2排出量を1ギガトン削減」するとしている。

電力消費予測

2030年までに「世界の電力使用量は"34TWh(テラワット時)"増加する」が、「新規IoTソリューションによって"1.6PWh(ペタワット時)"以上削減される」ことがレポートで明らかになっている。

一方、世界のICT産業の総電力消費量は「2030年までに約8PWh増加する」と予測されている。

つまり、新しいIoTテクノロジーを組み合わせると、「ICT産業の総電力消費量の約20%に相当するエネルギー節約」が実現する見込みとしている。

水消費予測

IoTテクノロジーにより「約2300億立方メートルの水を節約できる」としている。

この影響の「35%は、スマートウォーターグリッドの運用改善」によるものであり、「残りは、作物管理や遠隔害虫駆除などのIoT対応農業アプリケーション」によって補完されるとしている。

省エネに効果があるIoTソリューション

レポートによると、エネルギー節約の観点から最も影響力のあるIoTソリューションとして、「道路車両管理ソリューション」を挙げ、37%の節約効果をもたらすとしている。

ただし、持続可能なエネルギー供給が浸透している地域では、IoTテクノロジーの影響は著しく低くなると指摘している。

以上、下記URLからの要約
https://iottechnews.com/news/2021/apr/21/iot-technology-will-save-eight-times-the-energy-it-consumes-by-2030-new-report-shows/

最新TOPICS

【AI】AIプロジェクトを成功させるためにCIOが考慮すべきこと(2021年02月17日 14:46)

AnodotのチーフデータサイエンティストであるIra Cohen氏に「CIOが自社でAIを実装するために必要なツール」について聞いている。 スピード感 新しいパラダイムへの移行スピードは遥かに速くなければならないため、人々が以前に話していたプロジェクトが加速されている。 特に「商取引」や「サプライ...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

イベント情報

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

中堅中小企業のための「はじめてのAI活用」 ~AIの基礎、ユースケースと、AWSベースの「クラウドAI」の活用~

AIは何ができるのか?どのように自社のビジネスに活用できるのか? ~高度なデータ活用から始めるAI / 機械学習システム構築の「7つのプロセス」、「3業界での事例」~

AR/VRはビジネスの分野で普及するのか?5年後、10年後、社会やビジネスはどう変わるのか? 【IT最新動向ぶっちゃけトーク】NTTデータ 山田 達司 氏×マジセミ代表 寺田雄一

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter