「ビジネスインテリジェンス(BI)」とは、ビジネス上の意思決定を支援するために、蓄積された組織のデータを分析する手法や技術。意思決定支援システム(DSS)のひとつ。

BIとは

「ビジネスインテリジェンス(BI)」とは、ビジネス上の意思決定を支援するために、蓄積された組織のデータを分析する手法や技術。意思決定支援システム(DSS)のひとつ。

ビジネスインテリジェンス(BI)」とは、ビジネス上の意思決定を支援するために、蓄積された組織のデータを分析する手法や技術。意思決定支援システム(DSS)のひとつ。

ビジネスインテリジェンス(BI)は、1989年にガードナー社のアナリストが提唱した概念で「企業内外の事実に基づくデータを組織的かつ系統的に蓄積・分類・検索・分析・加工して、ビジネス上の各種の意思決定に有用な知識や洞察を生み出すこと」と定義しており、ERPやCRMシステムに蓄積されたデータの分析を専門家に依存せず、経営者や社員が必要な情報を自在に分析し、売上分析、利益分析、顧客動向分析などに活用することを目指している。

ビジネスインテリジェンス(BI)は、データ抽出・変換・ロードを行うETL機能、ETL機能で処理されたデータから、意思決定者のニーズに沿った価値ある判断材料を取り出すOLAP機能、OLAP機能で得た結果を可視化するレポーティング機能で構成される。

対象となるデータは、時系列データを蓄積したデータウェアハウス(DWH)、データウェアハウス(DWH)から特定目的に合わせて抜き出したデータマートから得ることが多い。

BI最新TOPICS

【講演資料を公開】12/14【大阪開催】人工知能/機械学習でセンサーデータを解析、故障予測をすることで、数千万円単位のコスト削減に成功した国内大手医療機器製造業様の事例(2018年01月13日 09:15)

2017年12月14日(木)15:00~17:00 大阪市北区 さくらインターネット株式会社様 セミナー会場 にて 【大阪開催】人工知能/機械学習でセンサーデータを解析、故障予測をすることで、数千万円単位のコスト削減に成功した国内大手医療機器製造業様の事例 と題したセミナーが開催されました。 当日は、大規模データの分析・活用、機械学習にご興味をお持ちの企業様が多くご来場くださいまして、お陰...

無料資料プレゼント

第2回「多要素認証の種類と方法」

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • KSKサイド002
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter