18世紀のイギリスの数学者であるトーマス・ベイズによって示された条件付き確率に関して成り立つ定理に基づく理論。

ベイズ理論とは

18世紀のイギリスの数学者であるトーマス・ベイズによって示された条件付き確率に関して成り立つ定理に基づく理論。

ベイズ理論」とは、18世紀のイギリスの数学者であるトーマス・ベイズによって示された条件付き確率に関して成り立つ定理に基づく理論。ベイズ理論の概要は「何かが起こる可能性は、その事柄の過去の発生頻度を使ってほぼ推測ができる」という点にある。研究者はこの考え方を遺伝子研究から電子メールの選別にまで応用しようとしている。

Googleではベイズ理論を採用し、高い確率で適当なデータを探し当てる検索サービスを提供している。また、Microsoftも積極的にベイズモデルを支持し、確率論(または確率論的原則)に基づく考えを同社のNotification Platformに採用している。そのほかさまざまな分野の研究者も、特定の症状と病気の関連付けや個人用ロボットの創造、過去のデータや経験に基づく指示に沿って行動し「考える」ことができる人工知能デバイスの開発などにベイズ理論を使っている。

ベイズ理論の数学的な詳細説明はミネソタ大学のウェブサイトに掲載されている。
http://www.hj.sanno.ac.jp/cp/page/12172

ベイズ理論最新TOPICS

最新情報はありません。

ベイズ理論最新CLOSEUPコラム

  • KSKサイド007
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter