「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

  • RFM分析とは~その概要とExcel(エクセル)による例~

RFM分析とは~その概要とExcel(エクセル)による例~

「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

■RFM分析とは
RFM分析」とは、Recency (直近で)、Frequency (どのぐらいの頻度で)、Monetary (いくらで購入したか)という3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

RFM分析には「直近いつ」という概念が入っているため、デシル分析のように過去に一度だけ高額商品を購入した顧客と、最近少額だがたくさん購入してくれている顧客が同一グループに入るようなことがなく、それぞれを明確に分けて分析することができる。

一般的に、RFM分析の結果には、以下のような可能性が示唆されている。

  • Rが高い顧客→将来の収益に貢献する
  • FやMは高いが、Rが低い→他社に奪われ離反している
  • RやFは高いが、Mが少ない→購買力が低い
  • Fが低くMが高い→Rの高い方が優良顧客
  • Fが下降傾向にある→他社に奪われている 

■Excel(エクセル)によるRFM分析の例
エクセル(Excel)によるRFM分析の具体的なとしては、自社の顧客データベース(購入履歴)を対象に、顧客の購買行動を「最終購買日(Recency)」「購買頻度(Frequency)」「累計購買金額(Monetary)」の3つの指標で集計し、顧客の選別と格付けを行ったり、特定期間における顧客の購買行動・購買履歴から、優良顧客の抽出などを行う。

RFM分析最新TOPICS

最新情報はありません。

RFM分析最新CLOSEUPコラム

イベント情報

  • KSKサイド003
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter