「NoSQL(ノーエスキューエル)」とは、膨大なデータ量を高速かつ動的に整理し分析する、非リレーショナルな分散データベースシステムである。スケーラビリティ、可用性、耐障害性において、従来のRDB(リレーショナルデータベース)を凌駕するデータベースとしてNoSQLが、注目を集めている。

NoSQLとは

「NoSQL(ノーエスキューエル)」とは、膨大なデータ量を高速かつ動的に整理し分析する、非リレーショナルな分散データベースシステムである。スケーラビリティ、可用性、耐障害性において、従来のRDB(リレーショナルデータベース)を凌駕するデータベースとしてNoSQLが、注目を集めている。

NoSQL(ノーエスキューエル)」とは、膨大なデータ量を高速かつ動的に整理し分析する、非リレーショナルな分散データベースシステムである。

スケーラビリティ、可用性、耐障害性において、従来のRDB(リレーショナルデータベース)を凌駕するデータベースとしてNoSQLが、注目を集めている。

NoSQLは4種類のカテゴリに大別できる。

■キーバリュー型:Riak、Redis
高速なパフォーマンスとデータ分散が行えるため拡張性に優れている。データの読込がRDBと比較して高速である。

■ワイドカラムストア型: Apache Cassandra、Apache HBase
列に対して数億件というデータの追加が可能で、RDBより柔軟性とパフォーマンス、拡張性で優れていている。またデータの書き込みが高速。

■ドキュメント型:Couchebase、MongoDB
より複雑なドキュメントとしてデータを格納できる。JSONといったデータ記述書式で取り扱うことが可能であり、半構造化データの取り扱いを得意とする。

■グラフ型:Neo4j
従来のRDBでは不可能だったデータの関係をモデル化した探索が可能。また、データをグラフ型で格納した場合、高速な横断検索も可能。

NoSQL最新TOPICS

最新情報はありません。

NoSQL最新CLOSEUPコラム

イベント情報

  • KSKサイド007
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter