シンギュラリティ(Technological Singularity:技術的特異点)とは、未来研究において、過去の歴史から今後の人類の技術開発の推測して得られる未来の正確かつ信頼できる限界点を指す。

  • シンギュラリティ(技術的特異点)とは

シンギュラリティ(技術的特異点)とは

シンギュラリティ(Technological Singularity:技術的特異点)とは、未来研究において、過去の歴史から今後の人類の技術開発の推測して得られる未来の正確かつ信頼できる限界点を指す。

シンギュラリティ(Technological Singularity:技術的特異点)とは、未来研究において、過去の歴史から今後の人類の技術開発の推測して得られる未来の正確かつ信頼できる限界点を指す。現在の未来研究では、2045年頃にこの特異点を迎えると推測されている。特異点を迎えた時点ではAI(人工知能)が人類の知能を上回りはじめ、飛躍的に文明が進化すると予測されており、今後50年以内に大きな社会的転換期に至ると想定されている。「技術的特異点」とも言われる。

この概念は、数学者ヴァーナー・ヴィンジと発明家でありフューチャリストであるレイ・カーツワイルにより提示された。彼らは科学技術の発展速度が人類の生物学的限界を超え、意識を解放することで加速されると予言した。意識の解放とは、人間の脳を直接コンピュータネットワークに接続することで計算能力を高めるというような事象にとどまらず、ポストヒューマンや人工知能(AI)の形成する文化が、現在の人類には理解できないもの変貌すると予測する。すなわち、フューチャリストらは、特異点後に科学技術の進歩を支配するのは人類ではなく、ポストヒューマンや人工知能(AI)とあると考えている。

シンギュラリティ最新TOPICS

シンギュラリティが、人工知能から生命科学へ。(2017年02月20日 10:00)

2045年に人工知能(AI)が人間の知能を追い越すと言う未来予測「シンギュラリティ」(技術的特異点)は、生命科学(バイオ)の分野でも注目度が高まり、「シンギュラリティ生命科学」ともいえる分野が台頭してきている。

バイオテクノロジーの専門誌「日経バイオテク」の編集者・河田 孝雄氏が、生命科学におけるシンギュラリティを語る。

  • シンギュラリティによって、AIに仕事を奪われないための「ロボット経済3原則」。(2016年12月07日 10:00)
  • 「今のAIでは、シンギュラリティは起こらない」――ガートナー調査(2016年10月24日 10:00)
  • 「シンギュラリティ」がバズワードに。3度目のAIブームは本物か?(2016年09月12日 10:00)
  • PEZY 、1000倍高速な次世代スパコンで日本発のシンギュラリティを目指す。(2016年08月15日 10:00)
  • シンギュラリティ最新CLOSEUPコラム

    • KSKサイド003
    • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

    facebook

    twitter