「データマイニング」とは、企業が収集したビッグデータを解析して、そこに潜む相関関係や価値のあるパターン(仮説)を発掘する技術。

  • データマイニングとは

データマイニングとは

「データマイニング」とは、企業が収集したビッグデータを解析して、そこに潜む相関関係や価値のあるパターン(仮説)を発掘する技術。

データマイニング」とは、企業が収集したビッグデータを解析して、そこに潜む相関関係や価値のあるパターン(仮説)を発掘する技術。

小売店の販売データや電話の通話履歴、クレジットカードの利用履歴などエンドユーザとの取引によって生じる「生データ」を潜在的な顧客ニーズが眠る「鉱山」としてとらえ、マイニング(mining:採掘)する。これによって「顧客1人ひとりの深い理解に基づく企業と顧客の長期的かつ良好な関係を形成する手法、 または戦略」という顧客関係管理の理念にもとづき、統計的手法でマーケティング活動を支援する。

データマイニングに対して、採掘する対象がテキストである場合には「テキストマイニング」、さらにウェブページを対象にしたものを「ウェブマイニング」と呼ぶ。

データマイニングをマーケティングに活用する場合の仮説の立て方と分析手法は、次のとおり。

●受注率や購入率などの確率を算出して「予測」する
→ロジスティック回帰分析、決定木分析
●膨大な情報を「分類」することで、ターゲットを発見する
→主成分分析、クラスター分析、決定木分析
●商品やサービスの「相関性」を見つける
→主成分分析、アソシエーション分析

データマイニング最新CLOSEUPコラム

イベント情報

  • KSKサイド004
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter