オープンソースデータ分析ソフト「RapidMiner」とは~RapidMiner Serverでより高度な分析を(後編) | 第一線で活躍するオープンソースエキスパートが綴るスペシャルコラム。

オープンソースデータ分析ソフト「RapidMiner」とは~RapidMiner Serverでより高度な分析を(後編)

オープンソースのデータ分析ソフト「RapidMiner」をフル活用する方法を連載!ソフトの特徴や分析チュートリアルを紹介します。

[2016年08月23日 ]
株式会社KSKアナリティクス
データアナリスト 足立 悠

 前回は「1.分析作業を共有化できる」「2.分析を定期的に(スケジュール化)実行できる」機能についてご紹介しました。今回も引き続き便利な機能をご紹介します!

3.分析結果をダッシュボード機能で共有できる
 分析者は、RapidMiner Serverの管理画面、またはRapidMiner Studioの結果画面から分析結果を確認できます。しかし、分析者以外の関係者(プロジェクトの意思決定権者や現場管理者)と分析結果を共有したい場合はどうすればよいでしょうか?ここで、便利なダッシュボード機能についてご紹介します。

 RapidMiner Serverを使えば、分析結果をレポートとして作成でき、ウェブブラウザ上で表示することができます。マウス操作で簡単に表やグラフを作成し、

お好みのスタイルでダッシュボードを公開できます。BIのダッシュボードと同じ感覚で、例えば予測分析結果を見ることができるため、今後の方針に活かせそうな知見を発見しやすくなります。

では続けて・・・、

4.安心・安全なセキュリティ機能
 誰でもかれでもServerにアクセスできてはたまったものではありません。情報漏えいにつながり危険です。RapidMiner Serverでは、他のシステムと同様に、サーバにアクセスできるメンバーとその権限を設定できます。特に権限は、ユーザー単位/グループ単位で設定できるなど柔軟に対応できます。

 また、ログからシステムの異常を検知しメールでアラートを出す、といった使い方も可能です。分析をスケジュール化して実行する際、何らかの原因で分析を実行できなかったことを通知できるため、早期に手を打つことができます。

 前回と今回で簡単に、RapidMiner Serverの特徴をご紹介しました。最後に、RapidMiner Serverを使うメリットを挙げてみます。

・分析データやプロセスを共有することで、
⇒リソースが重複しない分析環境を実現できる
・時間やリソースを多く要する負荷の高い計算処理を実行することで、
⇒ローカルマシンの負担を軽減できる
・結果をダッシュボードやレポートで表現することで、
⇒分析者以外のユーザーも使い易い環境を提供できる

 いかがでしょうか?まずはRapidMiner Studioを使ってデータ分析をスモールスタートさせ、次はRapidMiner Serverを使ってデータ活用をより拡大させていく。このように、RapidMinerシリーズを使い分けて、上手く使いこなしていただければと思います。

 RapidMinerシリーズには他に、ビッグデータの処理基盤「RapidMiner Radoop」と、どこでも容量を気にせずデータ分析「RapidMiner Cloud」があります。こちらも折を見て紹介していきます。

----*----*RapidMiner Server 推奨動作環境----*----*----*
◆マシンスペック
・4コア
・3GHz以上
・32GB~1TB
・100GB以上の空き容量

◆OS
・Windows Server 2008 R2
・Windows Server 2012
・Windows Server 2012 R2
・Linux
※64bit推奨

◆Javaプラットフォーム
・Oracle Java 7 または 8
※64bit推奨,OpenJDK非推奨

◆データベース
・Microsoft SQL Server
・Oracle
・MySQL
・PostgreSQL>
----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*

著者プロフィール

株式会社KSKアナリティクス
データアナリスト 足立 悠(あだち はるか)

 大手電機メーカー、事業会社を経てKSKアナリティクスへ入社。社内のデータ活用推進者としてマーケティング戦略、業務改善に関するデータ分析業務に携わる。テキストマイニング、レコメンデーション手法を得意とし、現在はIoTデータの活用も推進中。
 また、大学院(博士後期課程)にて複雑ネットワーク、トピックモデルに関する研究に従事。

最新TOPICS

【PICKUP】大阪市、「人工知能(AI)を活用した職員の業務支援」を開始へ---国際結婚や養子縁組などの問い合わせをサポート(2017年02月20日 10:03)

大阪市は、2月16日、 今秋から試験的に「人工知能(AI)を活用した職員の業務支援」を開始すると発表した。 【ポイント】 ・当面、戸籍関連事務が対象 ・市民からの申請や問い合わせに素早く正確に対応できるよう、チェック項目や回答案を示す ・国際結婚や養子縁組に伴う申請などの専門性が高い問い合わせ対応をサポートする (出所:http://www.sankei.com/west/ne...

関連タグ

アソシエーション分析(Association Analytics)

  • 用語集

データ間の相関関係を発見する場合に用いられる、データマイニングの手法のひとつ。

非構造化データ()

  • 用語集

「非構造化データ」とは、企業の基幹システムに保管されている構造化データに対し、日常業務で増える電子文書や紙文書、写真、動画、音声、Webコンテンツなど構造化されていないデータを指す。

機械学習()

「機械学習」とは、人間が自然に行っている学習能力と同等の機能をコンピュータで実現しようとする技術や手法。データから反復的に学習しそこに潜むパターンを見つけ出す。

教育()

  • タグ

ベイズ理論()

  • 用語集

18世紀のイギリスの数学者であるトーマス・ベイズによって示された条件付き確率に関して成り立つ定理に基づく理論。

関連記事

  • KSKサイド007

facebook

twitter