オープンソースデータ分析ソフト「RapidMiner」とは~RapidMiner Serverでより高度な分析を(後編) | 第一線で活躍するオープンソースエキスパートが綴るスペシャルコラム。

オープンソースデータ分析ソフト「RapidMiner」とは~RapidMiner Serverでより高度な分析を(後編)

オープンソースのデータ分析ソフト「RapidMiner」をフル活用する方法を連載!ソフトの特徴や分析チュートリアルを紹介します。

[2016年08月23日 ]
株式会社KSKアナリティクス
データアナリスト 足立 悠

 前回は「1.分析作業を共有化できる」「2.分析を定期的に(スケジュール化)実行できる」機能についてご紹介しました。今回も引き続き便利な機能をご紹介します!

3.分析結果をダッシュボード機能で共有できる
 分析者は、RapidMiner Serverの管理画面、またはRapidMiner Studioの結果画面から分析結果を確認できます。しかし、分析者以外の関係者(プロジェクトの意思決定権者や現場管理者)と分析結果を共有したい場合はどうすればよいでしょうか?ここで、便利なダッシュボード機能についてご紹介します。

 RapidMiner Serverを使えば、分析結果をレポートとして作成でき、ウェブブラウザ上で表示することができます。マウス操作で簡単に表やグラフを作成し、

お好みのスタイルでダッシュボードを公開できます。BIのダッシュボードと同じ感覚で、例えば予測分析結果を見ることができるため、今後の方針に活かせそうな知見を発見しやすくなります。

では続けて・・・、

4.安心・安全なセキュリティ機能
 誰でもかれでもServerにアクセスできてはたまったものではありません。情報漏えいにつながり危険です。RapidMiner Serverでは、他のシステムと同様に、サーバにアクセスできるメンバーとその権限を設定できます。特に権限は、ユーザー単位/グループ単位で設定できるなど柔軟に対応できます。

 また、ログからシステムの異常を検知しメールでアラートを出す、といった使い方も可能です。分析をスケジュール化して実行する際、何らかの原因で分析を実行できなかったことを通知できるため、早期に手を打つことができます。

 前回と今回で簡単に、RapidMiner Serverの特徴をご紹介しました。最後に、RapidMiner Serverを使うメリットを挙げてみます。

・分析データやプロセスを共有することで、
⇒リソースが重複しない分析環境を実現できる
・時間やリソースを多く要する負荷の高い計算処理を実行することで、
⇒ローカルマシンの負担を軽減できる
・結果をダッシュボードやレポートで表現することで、
⇒分析者以外のユーザーも使い易い環境を提供できる

 いかがでしょうか?まずはRapidMiner Studioを使ってデータ分析をスモールスタートさせ、次はRapidMiner Serverを使ってデータ活用をより拡大させていく。このように、RapidMinerシリーズを使い分けて、上手く使いこなしていただければと思います。

 RapidMinerシリーズには他に、ビッグデータの処理基盤「RapidMiner Radoop」と、どこでも容量を気にせずデータ分析「RapidMiner Cloud」があります。こちらも折を見て紹介していきます。

----*----*RapidMiner Server 推奨動作環境----*----*----*
◆マシンスペック
・4コア
・3GHz以上
・32GB~1TB
・100GB以上の空き容量

◆OS
・Windows Server 2008 R2
・Windows Server 2012
・Windows Server 2012 R2
・Linux
※64bit推奨

◆Javaプラットフォーム
・Oracle Java 7 または 8
※64bit推奨,OpenJDK非推奨

◆データベース
・Microsoft SQL Server
・Oracle
・MySQL
・PostgreSQL>
----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*

著者プロフィール

株式会社KSKアナリティクス
データアナリスト 足立 悠(あだち はるか)

 大手電機メーカー、事業会社を経てKSKアナリティクスへ入社。社内のデータ活用推進者としてマーケティング戦略、業務改善に関するデータ分析業務に携わる。テキストマイニング、レコメンデーション手法を得意とし、現在はIoTデータの活用も推進中。
 また、大学院(博士後期課程)にて複雑ネットワーク、トピックモデルに関する研究に従事。

最新TOPICS

【AI】AI国内市場予測---「AI導入検討中=17.9%」「年平均20.4%で成長」「米独市場と比べて高い成長率を維持」(2017年05月25日 10:03)

MM総研がAI国内市場予測を発表した。 【ポイント】 日本企業 ・人工知能(AI)をビジネスに導入している=1.8% ・導入検討中=17.9% AIの国内市場規模 ・2016年度=2220億円(前年度比約2倍) AIの国内市場規模成長予測 ・年平均20.4%で成長 ・2021年には5610億円に達する予測 ・米独市場と比べて高い成長率を維持

関連タグ

共分散構造分析(Covariance Structure Analysis)

  • 用語集

分析者が質問項目間の因果関係について仮説をたて、複数の構成概念間の関係を検証する統計的手法。

ETL(イーティーエル)

  • 用語集

「ETL(Extract Transform Load)」とは、外部の情報源からデータを抽出(Extract)し、データウェアハウスなどで利用しやすい形に変換・加工(Transform)し、データベースに書き出す(Load)までの一連の工程である。これらの処理を支援するツールを「ETLツール」と呼ぶ。

BI(ビジネスインテリジェンス)

「ビジネスインテリジェンス(BI)」とは、ビジネス上の意思決定を支援するために、蓄積された組織のデータを分析する手法や技術。意思決定支援システム(DSS)のひとつ。

家電()

  • タグ

関連記事

  • KSKサイド003

facebook

twitter