脳機能の特性を表現することを目指した数学モデルである。人工ニューラルネットワークとも言う。

  • ニューラルネットワーク入門

ニューラルネットワーク入門

脳機能の特性を表現することを目指した数学モデルである。人工ニューラルネットワークとも言う。

「二ューラルネットワーク(Neural Network)」とは、脳機能の特性を表現することを目指した数学モデルである。140億個のニューロン(細胞)から構成されている人間の大脳は相互に結合し、巨大なネットワークを形成している。このネットワークを人工的に再現するのがニューラルネットワークというアプローチである。要するに、人間の脳をソフトウェアで再現する試みである。生物学や神経科学との区別のため、人工ニューラルネットワークとも言う。

二ューラルネットワークの入門編ともいえる基本的概要は、次のとおり。

現在普及しているコンピュータは、そのほとんどが記憶装置に格納したデータを読み込んで処理するノイマン型と呼ばれる。ノイマン型コンピュータには読み込み速度や処理能力に限界があると言われており、非ノイマン型であるニューラルネットワークの可能性が注目されている。

また人工知能が「人間の知能の再現」であるのに対して、ニューラルネットワークは「人間の脳を再現」する試みである。人工知能では対話型の案内や、サービスに対する受け答えなど、人間が行っている作業を代わりにコンピュータが行うことを想定している。一方、ニューラルネットワークでは、人間の脳を模した情報処理による問題解決を目的としている。

ニューラルネットワーク最新TOPICS

ディープラーニングとは?(前編)~データサイエンスを支える人工知能(AI)技術~(2016年12月21日 17:00)

データサイエンスの領域で使われる人工知能(AI)技術、機械学習やディープラーニング(深層学習)などを簡単に解りやすくお伝えします。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter